マラソンスイミング

Photo by Clive Rose/Getty Images
Photo by Clive Rose/Getty Images

駆け引き、環境への対応、戦略

2時間もの耐久レースを戦い抜く

競技紹介アニメーション「One Minute, One Sport」

マラソンスイミングのルールや見どころを1分間の手書きアニメーション動画でご紹介します。マラソンスイミングに詳しい人も、そうでない人も、まずは動画をチェック!

競技概要

マラソンスイミングは、海や川、湖といったなかで安全に配慮された場所を使い、男女ともに10kmを泳ぐ。その名のとおり、水泳のマラソンといえる。北京2008大会から正式種目に採用された、比較的新しい競技だ。基本的には周回コースで、選手たちは途中で給水を行いながらも、約2時間に及ぶ耐久レースを戦い抜く。記録も重要ではあるが、天候等の環境によって試合環境が左右されるため、戦略を含めた勝負の比重が高い。いかに波や潮の流れなどの自然環境を味方につけ、活用していくかも勝負の大きなポイントにもなる。自分を磨き上げることはもちろん、駆け引き、環境への対応、戦略などの経験が生きるためベテラン選手も多く、抜きつ抜かれつの見応えのある試合展開が魅力だ。

種目

  • 10kmマラソンスイミング(男子/女子)

競技の魅力、見どころを紹介

抜きつ抜かれつの展開に加え

ラストスパート勝負は見応え十分

マラソンスイミング(OWS)自体は1980年代前後からオーストラリアを中心に行われており、1991年のオーストラリア・パースでの世界水泳選手権で正式種目となる。このときの種目は、男女ともに25km。5時間を超える競技時間だった。その後、オリンピック競技となる10kmが世界大会に取り入れられたのは、2001年日本の福岡で開かれた第9回世界水泳選手権だった。

オリンピックでマラソンスイミングが初めて行われたのは北京2008大会。男子10kmで初の金メダリストとなったマーテン・ファン・デル・ワイデン(オランダ)は19歳で白血病と診断されながらもそれを克服し、オリンピックチャンピオンに輝いた。女子は世界水泳選手権で圧倒的な強さを誇っていたラリサ・イルチェンコ(ロシア)が、数秒差の接戦をものにした。

10kmにも及ぶ耐久レースの中で最も見応えがあるのは、各選手が勝負をかけ始める7km付近からのスパート勝負。だが、実はそこに至るまでの間、いかに自分の体力を消耗せず、ラストスパートをかけられる力を残すことができるかが勝負を分ける大きなポイントとなる。途中に行われるスピードの上げ下げによる揺さぶりに対応できる力、それに伴う集団となったときの位置取りや、海や川の流れがあるなかで、どれだけ効率の良いコース取りができるかもこの種目を制する上での大切な実力だ。特にコース取りは環境によって大きく左右される。海でいえば、時間によって潮の流れや波の大きさも変わるため、それらを確実に見極める必要がある。経験豊富なベテラン選手になると、その潮の流れを利用することもある。つまり、指定されたコースの最短距離がベストではなく、試合環境によっては他の選手と異なるコース取りをした選手が勝利をもぎ獲る場面も多く見られる。

また、近年ではタッチ差で勝負がつくレースも多い。体力と頭脳、環境を読み解き、最適解を実行できる技術、そして10kmのレースでも折れない心。まさに心技体が揃った選手たちが、世界一を懸けて争う種目なのが、このマラソンスイミングなのである。

Photo by Quinn Rooney/Getty Images
Photo by Quinn Rooney/Getty Images
2016 Getty Images

2020に向けた展望

10kmとは思えない接戦。スピードレース化がさらに進む可能性が高い

マラソンスイミングがオリンピック競技となった北京2008大会当時は、まだマラソンスイミングに特化した選手が強かった。しかし、オリンピックの正式種目になって以降は勢力図が変わり始め、競泳競技の長距離選手たちが徐々に参戦するようになる。
結果、ロンドン2012大会の男子10kmを制したウサマ・メルーリ(チュニジア)は、北京2008大会の1,500m自由形金メダル、同ロンドン2012大会でも1,500m自由形で銅メダルを獲得しており、競泳とマラソンスイミングの両方を主戦場とする、いわゆるデュアルスイマーであった。このデュアルスイマー誕生の背景には、ロンドン2012大会の会場となったハイドパーク内のサーペンタイン湖は流れのない静水面だったことから、競泳競技でも代表となれるほどのスピードが生かしやすかったこともある。なお、北京2008大会の会場もロンドン2012大会と同じく、公園内の湖を利用して行われている。

ただし、ロンドン2012大会以降からはマラソンスイミングのスピード化が顕著に表れるようになる。戦略、経験に加えてスピードも重要視されるようになり、現在では多くの選手がデュアルスイマーとしてオリンピックを始め、世界大会で活躍するようになった。
その影響か、近年では10kmにも及ぶ長距離ながら、コンマ数秒差のレースも多い。代表的なのは、リオデジャネイロ2016大会の男子10kmだ。オリンピック競技になって、初の海でのレースとなった今大会。ラスト100mから13人にも及ぶ選手がフィニッシュになだれ込み、身体ひとつ抜け出していたスピリドン・ヤニオティス(ギリシャ)をフェリー・ウェールトマン(オランダ)が猛烈に追い込み、ほぼ同時にフィニッシュ。同タイムと表示されたが、写真判定にもつれ込む。頭の位置はヤニオティスが前に出ていたが、タッチのタイミングを合わせたウェールトマンが勝利したのである。まさに最後の最後まで目が離せないレースだった。

海や河川といった多くの外的要素がある会場ですら、高いスピードを出せる泳力が求められる始めたこの競技で、競泳競技でも力を伸ばしているヨーロッパ勢が勢力を伸ばしているのは必然かもしれない。東京2020大会では、スピードレース化が進むマラソンスイミングでどんなレースが展開されるのか。2時間、目が離せない試合になることは確かである。

<日本>
日本人初のオリンピック選手が誕生したのは、ロンドン2012大会。平井康翔と貴田裕美のふたりで、平井は8位入賞を果たした。今もこのふたりが日本のトップを牽引しているが、現在は若手も成長しており、この競技で最も大切な経験を積み始めている。単純な泳力がそのまま結果に反映されないマラソンスイミングだからこそ、チャンスはある。ラスト3kmを切ったところから始まる、ラストスパート勝負に入るまでに、先頭集団をキープし続けることがメダル獲得への道となる。

トリビア