オリンピックスタジアム

Renowned architect Kengo Kuma designed the venue
住所: 東京都新宿区霞ヶ丘町10番1号

東京1964大会のオリンピックスタジアムであった国立競技場が、2020年までに新しい競技場に生まれ変わります。東京2020大会では、開・閉会式のほか、陸上競技やサッカーが行われます。大会後は各種スポーツ・文化関連イベントに使用される予定です。

収容人数
パラリンピック 開会式・閉会式:68,000
パラリンピック 陸上:68,000

オリンピックスタジアム及びウォームアップエリアに関する仮設オーバーレイ整備について

東京都新宿区霞ヶ丘町10番1号

Legend

5人制サッカー
アーチェリー
カヌー(スプリント)
ゴールボール
シッティングバレーボール
テコンドー
トライアスロン
バドミントン
パワーリフティング
ボート
ボッチャ
車いすテニス
車いすバスケットボール
車いすフェンシング
車いすラグビー
陸上競技
馬術
柔道
射撃
水泳
卓球
自転車競技(トラック)
自転車競技(ロード)

アクセス

通常時のアクセス情報

JR総武線「千駄ヶ谷駅」「信濃町駅」下車徒歩約5分
都営大江戸線「国立競技場駅」下車徒歩約1分
東京メトロ銀座線「外苑前」下車徒歩約15分
都営バス 早81「渋谷駅」から乗車、「千駄ヶ谷駅前」下車徒歩約5分
都営バス 黒77「目黒駅」から乗車、「千駄ヶ谷駅前」下車徒歩約5分
ハチ公バス 神宮の杜ルート「渋谷駅」から乗車、「千駄ヶ谷駅(東京体育館)」下車徒歩約1分
※公共交通機関をご利用ください。

大会時のアクセス情報

JR総武線「信濃町駅」「千駄ヶ谷駅」下車徒歩
東京メトロ半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」下車徒歩
東京メトロ副都心線「北参道駅」下車徒歩
東京メトロ銀座線「外苑前駅」下車徒歩
都営大江戸線「国立競技場駅」下車徒歩
※公共交通機関をご利用ください。
※駅は追加・変更の可能性があります。
※アクセシブルルートは「信濃町駅」「千駄ヶ谷駅」「青山一丁目駅」「外苑前駅」「国立競技場駅」の利用を想定しています。

注意事項

  • 大会時には公共交通機関が混雑し、乗換案内の検索結果以上の所要時間を要することが見込まれます。また、駅から会場までの移動にも時間を要することが見込まれますので、余裕をもったスケジュールが必要になります。
  • 大会時は、通常の交通ルートとは違うルートの使用をお願いする可能性があります。

その他の会場