和歌山県

26/47都道府県
日程
調整中

大切なお知らせ

2020年3月24日(火曜日)、国際オリンピック委員会(IOC)と東京2020組織委員会は、東京2020大会の延期を発表しました。
今後、大会延期日程に合わせ、新たなパラリンピック聖火リレーの日程を定めてまいります。

以下本ページの内容は、2020年3月24日(火曜日)に行われた東京2020大会延期の発表以前の情報となりますので、ご留意ください。


和歌山県パラリンピック聖火フェスティバルは、パラリンピック陸上競技強化拠点施設である田辺スポーツパークがある田辺市において採火・出立式を行います。聖火は、令和元年10月19日、広川町で開催された火祭りでおこした火を復興の象徴として「稲むらの火(和歌山県の火)」を東京に送り出します。
フェスティバルでは、地元高校生吹奏楽部の演奏、パラアスリートのトークショー等で、採火、出立式を盛り上げます。また、フェスティバル終了後、参加者を対象にパラリンピック競技体験会を開催します。パラ競技の楽しさ、難しさを理解することで東京2020パラリンピック競技大会に向けて県民の機運を醸成します。

採火

日付 市区町村 会場 採火方法など(各自治体による紹介文)
8月16日 田辺市 田辺
スポーツパーク
体育館
令和元年10月に広川町で開催された火祭りでおこされた火を採火し保管します。
フェスティバル当日は、「稲むらの火(和歌山県の火)」として採火します。

出立

日付 市区町村 会場
8月16日 田辺市 田辺スポーツパーク体育館

聖火ビジット

実施無し