宮城県

4/47都道府県
日程
調整中

大切なお知らせ

東京2020パラリンピック聖火リレーは、オリンピックの熱気と興奮をつなぐべく、オリンピック終了後、2021年8月12日(木)から8月24日(火)のパラリンピック開開会式までの移行期間に開催することになりました。

実施市区町村、聖火リレー通過市区町村については、当初の予定から変更する場合があります。新たな情報は今後、随時お知らせしてまいります。

※2020年9月28日現在


見どころ

宮城県の聖火フェスティバルでは,県内の10市町で採火を実施し,最後は仙台市の中心地にある勾当台公園野外音楽堂にて集火・出立式を行います。
採火は,角田市のシンボルであるスペースタワー・コスモハウスや,史跡「里浜貝塚」の傍らにあり,縄文の歴史について学べる「奥松島縄文村資料館」など,県内の観光地等様々な場所で実施されます。また,集火・出立式では,県内各地で子どもたちや障がい者も含めた様々な方が製造したバイオガスを燃料として,各地で採火された火を,一つの「宮城県パラリンピック聖火」に集火し,開催都市東京に出立します。

採火

日付 市区町村 会場 採火方法など(各自治体による紹介文)
(調整中) 仙台市 社会福祉法人仙萩の杜
レストランぴぁてらす
施設利用者や地域住民等がマイギリ式の火起こし器で起こした火種を活用して発火した火を採火する。
(調整中) 石巻市 (調整中) (調整中)
(調整中) 気仙沼市 (調整中) (調整中)
(調整中) 角田市 台山公園内
(スペースタワー・
コスモハウス)
事前に市内宇宙センターの燃焼実験で発生した
火を種火として保管し、当日改めて採火する。
(調整中) 岩沼市 岩沼消防署 事前に玉浦西・まごころ公園で,参集者による
マイギリの火起こしを実施し、その種火を保管する。
当日,改めてランタンに移すことで採火する。
(調整中) 東松島市 東松島市奥松島縄文村
歴史資料館
参集者にマイギリ式の火起こし器で火を起こしてもらい、
その火を採火する。
(調整中) 大崎市 鹿島台瑞・華・翠交流施設
(鹿島台中央野球場)
参集者にマイギリ式の火起こし器やレモン等を使用した
火起こし体験を行ってもらい、その火を採火する。
(調整中) 蔵王町 刈田岳山頂
(蔵王国定公園内)
事前に実施するバイオガス製造イベント(出前講座)で製造した
ガスに着火し種火として保存。当日は、点火棒を用いて保存した種火を
ランタンに移して採火する。
(調整中) 亘理町 宮城県漁業協同組合
仙南支所(亘理)魚市場
荷捌き場
町内の夏祭りの前に法要行事を行い、法要で使用した
ロウソクの火を採火する。
(調整中) 加美町 加美町中新田B&G
海洋センター
事前に町内の寺で焚かれる盆火を種火として保管し、
当日改めて採火する。

県内集火

日付 市区町村 会場
(調整中) 仙台市 勾当台公園野外音楽堂

出立

日付 市区町村 会場
(調整中) 仙台市 勾当台公園野外音楽堂

聖火ビジット

蔵王町において、県内を代表するスキーリゾートや、蔵王町のシンボルの御釜が近く、周りを囲う大自然が魅力的な「遠刈田温泉」で、刈田岳山頂で採火した火を展示します。