香川県

33/47都道府県
日程
調整中

大切なお知らせ

2020年3月24日(火曜日)、国際オリンピック委員会(IOC)と東京2020組織委員会は、東京2020大会の延期を発表しました。
今後、大会延期日程に合わせ、新たなパラリンピック聖火リレーの日程を定めてまいります。

以下本ページの内容は、2020年3月24日(火曜日)に行われた東京2020大会延期の発表以前の情報となりますので、ご留意ください。


香川県の聖火フェスティバルは、県内9市町で採火、サンポート高松で県内集火を行い、県内4市町へ聖火ビジットの後、香川県庁で出立を行うこととしています。採火では、本県が誇る景勝地「屋島」において、事前合宿に訪れる予定である台湾のパラリンピアンなどとともに採火するほか、県内9市町の各名所において、趣向を凝らして採火しますので、是非参加してください。県内集火では、サンポート高松において、9市町の火を1つに集め、東京2020パラリンピック聖火(香川県)とします。県内集火は自由に見学することができます。

採火

日付 市区町村 会場 採火方法など(各自治体による紹介文)
8月13日 高松市 屋島寺
四天門前広場
台湾パラリンピアン・市内の子ども等が、火をつけた点火棒を持ち寄り、
一つの聖火皿に点火し採火する。
8月13日 丸亀市 丸亀市
総合運動公園
丸亀市民体育館
地域住民が、まいぎり式火起こし器を用いて火を起こし、各々が起こした火を1つにし、
採火する。
8月14日 坂出市 (調整中) 市内の障害者福祉施設および就労支援事業所の代表者が火をおこし、
ランタン等で瀬戸大橋記念公園マリンドームに火を持ち寄り集火する。
8月14日 さぬき市 大窪寺 障害者団体から推薦された障害者が、大窪寺宝杖堂の「原爆の火」から
ろうそく等で採火する。
8月13日 東かがわ市 白鳥中央公園 障害者や地域住民が、市の発明クラブの子供たちと事前に製作した
まいぎり式火起こし器を用いて火種を作り、麻くずの入った新聞紙に火種を入れて
火を起こして採火する。
8月14日 三豊市 宗吉かわらの里
展示館
複数の市民によるチームを結成し、チーム毎でまいぎり式による火起こしを実施する。
チーム毎で起こした火を、一つに結集し、採火する。
8月13日 三木町 太古の森 事前に採火実施者を応募し、共同で太陽光をレンズ等で集光し、採火する。
8月13日 宇多津町 宇多津町
産業資料館
「うたづ海ホタル」
障害者団体の代表者等により、太陽光の集火により採火する。
8月13日 綾川町 滝宮天満宮 障害者団体の会員が、境内にて凹面反射鏡にて火を起こし、松明等で採火する。

県内集火

日付 市区町村 会場
8月15日 高松市 サンポート高松

出立

日付 市区町村 会場
8月16日 高松市 香川県庁

聖火ビジット

8月15日から16日の2日間にかけて、高松市の丸亀町グリーンけやき広場、小豆島町の内海総合運動公園、三豊市のマリンウェーブ、多度津町の町民健康センターを東京2020パラリンピック聖火(香川県)が順に訪れます。各聖火ビジット会場では、聖火を背景に記念撮影を行うことができます。