東京2020パラリンピック聖火リレー

東京2020パラリンピック聖火リレーは、オリンピックの熱気と興奮をつなぐべく、オリンピック終了後、8月12日(木)から8月24日(火)のパラリンピック開会式までの移行期間に開催することになりました。新たな情報は今後、随時お知らせしてまいります。

8月12日から東京2020パラリンピック聖火リレーがはじまります。聖火リレーで用いられるパラリンピック聖火は、イギリスのストーク・マンデビルと開催国内各地の複数箇所で採火される炎から生み出されます。

各地で採火された炎は開催都市で一つに集火され、パラリンピック聖火として、リレーの形で開催都市を巡ります。

東京2020パラリンピック聖火リレーは3つのフェーズで展開します。

1st : 日本各地に熱意の火が灯る。

2021年8月12日(木)~8月16日(月)

パラリンピックを応援する人々の「熱意」は、日本各地やイギリスのストーク・マンデビルで行われる採火式で「炎」にその姿を変え、さまざまな催しとともに、来る東京2020パラリンピックを盛り上げます。
こうした、日本各地で行われる東京2020パラリンピックを応援するための採火イベントや、学校や病院、パラリンピックゆかりの地などへの炎の訪問イベント(聖火ビジット)は、総称して「聖火フェスティバル」と呼ばれます。
「採火」「聖火ビジット」を経た炎は、各地を「出立」し、東京へ向けて送り出されます。

2nd : パラリンピック競技開催都市を、光り輝く炎が駆け抜ける。

2021年8月17 日(火)~8月20日(金)

埼玉県、千葉県、静岡県の競技開催県では、それぞれの県にて、採火式や聖火ビジット(実施は任意)に加えて、聖火リレーも開催します。そして、8月の空の下、3人1組となったパラリンピック聖火ランナーが駆け巡った後、それぞれの県から東京に向けて「出立」します。
そして、競技開催都市として東京都でも同様に採火を行い、東京都の火として聖火リレーを実施します。

3rd : パラリンピックを応援する全ての熱意が一つに。東京2020パラリンピック聖火が生まれる。

2021年8月20日(金)~8月24日(火)

日本各地で採火された東京2020パラリンピックを応援する炎は、各地での「出立」を経て、開催都市・東京に旅立ちます。
東京2020パラリンピック競技開催都県(埼玉県、千葉県、静岡県、東京都)で採火・出立された炎と、ストーク・マンデビルからの炎とともに、パラリンピックを応援する全ての人の熱意は東京で一つとなり(集火)、東京2020パラリンピック聖火が誕生します。
そして、東京2020パラリンピック開会に向けて、開催都市東京で聖火リレーが実施されます。

(c) Tokyo 2020