[▼Story for PTR]宮崎県

editorial-image-fallback

大切なお知らせ

2020年3月24日(火曜日)、国際オリンピック委員会(IOC)と東京2020組織委員会は、東京2020大会の延期を発表しました。
今後、大会延期日程に合わせ、新たなパラリンピック聖火リレーの日程を定めてまいります。

以下本ページの内容は、2020年3月24日(火曜日)に行われた東京2020大会延期の発表以前の情報となりますので、ご留意ください。


宮崎県の聖火フェスティバルは、宮崎市のコンベンションセンターにて採火及び出立を行います。

採火の見どころは、たくさんの方々にパラリンピックへの「想い」を込めて描いていただいた「フェニックスの羽」をもとに1体の巨大なフェニックスの絵を作成。そのフェニックスが、羽を描いた全ての方々から命を吹き込まれたかのごとく映像化され、フェニックスが噴き出した炎により採火を行うなど、独自の採火方法にて実施します。

また、出立時には県内全26市町村から収集したメッセージが載ったフラッグに囲まれて出立することにより、県内全域から聖火への「想い」を集合させ、本県の一体感を表現していきます。

採火

日付 市区町村 会場 採火方法など(各自治体による紹介文)
(調整中) 宮崎市 リゾート施設内
コンベンション
センター
事前に「フェニックス(不死鳥)の羽」をパラアスリートや障がい者を含む
様々な方に描いていただき、その羽を集めて一体の巨大なフェニックスの絵を制作。
その絵を映像化し、フェニックスが噴き出す炎により採火を行う(デジタルによる採火)。

出立

日付 市区町村 会場
(調整中) 宮崎市 リゾート施設内コンベンションセンター

聖火ビジット

実施無し