全日本空輸株式会社との「東京2020パラリンピック聖火リレーサポーティングパートナーシップ契約」締結について

PTR
全日本空輸株式会社
全日本空輸株式会社

東京2020組織委員会は、以下のとおり、東京2020パラリンピック聖火リレーサポーティングパートナーシップ契約を締結しましたので、お知らせします。

契約内容
東京2020パラリンピック聖火リレーサポーティングパートナーシップ契約

契約の相手方
会社名:全日本空輸株式会社
本社:東京都港区
代表者:代表取締役社長 平子 裕志(ひらこ ゆうじ)

東京2020パラリンピック聖火リレーサポーティングパートナーの主なスポンサー権利
呼称・マーク類・関連素材使用権/リコグニッションプログラム/商品・サービスのサプライ機会/マーケティングサポート等

東京2020パラリンピック聖火リレーパートナーシップ契約について
東京2020パラリンピック聖火リレースポンサーシッププログラムは3つの階層で、プレゼンティングパートナー、サポーティングパートナー、アソシエーティングパートナーからなります。東京2020パラリンピック聖火リレーパートナーは、聖火リレーのエンブレム等を使ったプロモーション活動の実施が可能となります。東京2020は、本プログラムにご参加いただく東京2020パラリンピック聖火リレーパートナー各社とともに、東京2020パラリンピック聖火リレーをこれまで以上に世界中のファンや選手にとって忘れられない特別なイベントにしてまいります。

平子 裕志 全日本空輸株式会社代表取締役社長コメント
東京2020パラリンピック聖火リレーサポーティングパートナーとしてANAらしく「あんしん、あったか、あかるく元気!」に東京2020パラリンピック聖火リレーをサポートしてまいります。当社は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のオフィシャルエアラインパートナーとして、「HELLO BLUE, HELLO FUTURE ~2020を、みんなの滑走路にしよう」をキャッチコピーとし、東京2020大会の成功に向けた取り組みを進めております。今年の夏に多くのお客さまを東京にお迎えすることを楽しみにしています。

森 喜朗 東京2020組織委員会会長コメント
全日本空輸株式会社を東京2020オリンピック聖火リレーに引き続き、東京2020パラリンピック聖火リレーのサポーティングパートナーとしてお迎えできることとなりました。2020年を契機に共生社会を実現すべく、人と人、人と社会との、「新しいパートナーシップ」を考えるきっかけとなることを目指す東京2020パラリンピック聖火リレーの一端を担っていただけることを大変嬉しく思います。全日本空輸株式会社と協力しながら、パラリンピック聖火リレーの成功に向けてチャレンジしてまいります。

東京2020パラリンピック聖火リレーについて
オリンピックの熱気と興奮をつなぐべく、オリンピック終了後、2020年8月13日から8月25日のパラリンピック開会式までの移行期間に開催します。2020年を契機に共生社会を実現し、人と人、人と社会との、「新しいパートナーシップ」を考えるきっかけとなることを目指し、原則として「はじめて出会う3人」がチームになってリレーを行います。聖火は8月13日から全47都道府県で採火され、イギリスのストーク・マンデビルで採火された炎とともに、8月21日に開催都市東京で行われる"集火式"で統合されて、東京2020パラリンピック聖火となります。パラリンピックを応援する全ての人の熱意が一つに集まった聖火は、翌8月22日から東京のまちをリレーで駆け抜け、8月25日の開会式に届けられます。

現在、関連するコンテンツはありません