東京2020パラリンピック聖火リレー 採火・出立実施場所、聖火リレールート概要、聖火ランナー募集概要を発表!

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、本日11月22日(金)、東京2020パラリンピック聖火リレーにおける採火・出立実施場所、聖火リレールート概要、聖火ランナー募集概要を発表しました。

聖火ランナーを募集します!

2020年8月18日~21日の競技開催都県、および8月22日~25日の開催都市東京都にて、「はじめて出会う3人」が一つのチームになって走る聖火リレーでは、聖火ランナーを募集します。聖火ランナーへの応募は11月27日(水)から受付開始予定です。詳しくは聖火ランナー募集ページをご覧ください。

東京2020パラリンピック聖火リレースケジュール

採火・出立実施場所:全国700ヵ所超の市区町村内で採火・出立を実施
2020年8月13日から17日まで競技開催4都県(東京都・埼玉県・千葉県・静岡県)以外の43道府県、および8月18日から21日までは競技開催4都県において、合わせて日本全国700ヵ所超の市区町村内で「採火」や「出立」を行います。

聖火リレールート概要を発表しました!

2020年8月18日~21日、競技開催都県(静岡県・千葉県・埼玉県・東京都)では各都県内で採火した「東京2020パラリンピック聖火」をトーチにともし、聖火リレーを行います。そして、8月21日に実施する集火式にて全国各地およびストーク・マンデビルからの火が「東京2020パラリンピック聖火」として一つになり、8月22日から25日まで、東京2020パラリンピック開催都市である東京都で聖火リレーを実施します。

ルート選定の基本的な考え方

ボーダレスに人と人との新たな出会いを生みだせる場所
  • 国内外から多くの人々が集い、新たな出会いが生みだせる場所。
    (多くの若者が集う街中、地域を代表するお祭りやイベント会場、観光地や景勝地など)
共生社会(誰もが活躍する社会)の実現に資する場所
  • 年齢・国籍・性別を問わず人が出会い・活動している場所(学校、老人ホームなど)
  • 障がいの有無を越えて人が出会い・支えあっている場所(リハビリテーション施設、障がい者支援施設など)
パラリンピック聖火リレーならではの場所
  • その街・その土地で東京2020オリンピック聖火リレーとは異なった魅力に出会える場所(夜景・夕景の美しい場所など)
  • パラリンピックや障がい者スポーツと親和性のある場所(障がい者スポーツセンターなど)

東京2020パラリンピック聖火リレーコンセプト映像「Share your light 篇」

関連リンク