東京2020パラリンピック聖火リレー ブランドデザイン

Tokyo 2020 Paralympic Torch Relay brand design-kv

東京2020パラリンピック聖火リレーで使われるトーチ、エンブレム、ユニフォームをご紹介します。

東京2020パラリンピック聖火リレーエンブレム

東京2020パラリンピック聖火リレーエンブレムは、東京2020パラリンピックブランドの一貫性を保ち、ファミリーであることがわかるように、大会エンブレムをデザインの起点としています。

大会エンブレムを構成する3つの四角形を聖火の炎と見たて、炎のダイナミックな動きを表現しています。また、日本らしさを表現するデザインモチーフとして、「拭きぼかし」という浮世絵の技法を用いました。
色彩は、東京2020パラリンピック聖火らしい炎となるよう、日本の伝統色を用いています。
多様な個性の輝きを表現する「黄金(こがね)」 に、「黄土(おうど)」を組み合わせ、人々に日本らしい祝祭感と東京2020パラリンピックへの期待感を印象付けます。
2020年8月、パラリンピック聖火リレーを通じて、出会い、お互いを認め合うことで生まれたみんなの聖火によって、すべての個を活かし合う新しい社会が照らしだされていきます。

東京2020パラリンピック聖火リレートーチ

東京2020パラリンピック聖火リレートーチ

東京2020パラリンピック競技大会の聖火は、コンセプト「Share Your Light (英語)/ あなたは、きっと、誰かの光だ。(日本語)」のもと、パラリンピックを応援する全ての人の熱意を集めて、2020年8月に東京で生み出されます。
東京2020パラリンピック聖火リレートーチは、パラリンピックに参加し、支え、そして応援する全ての人の気持ちを束ねる象徴となります。

東京2020パラリンピック聖火リレー聖火ランナーユニフォーム

東京2020パラリンピック聖火リレー聖火ランナーユニフォーム

「Share Your Light / あなたは、きっと、誰かの光だ。」という東京2020パラリンピック聖火リレーのコンセプトに基づき、人と人、人と社会が繋がることで生まれる輝きを、大会ルックである市松模様を元にデザインしています。