組織委員会およびその他の経費

東京2020組織委員会は、2019年12月20日、東京2020大会の組織委員会予算V4(バージョン4)を発表いたしました。V4は、2018年12月21日に発表した組織委員会予算V3(バージョン3)を精査したものです。

組織委員会予算V4は、収入が6,300億円、支出が6,030億円であり、収入と支出の差270億円を予備費として計上しております。

収入は、好調なマーケティング活動に伴い、国内スポンサー収入がV3から280億円増の3,480億円となったことに加え、チケット売上も80億円増の900億円となる見込みなどから、V3と比較して300億円増の6,300億円となりました。(これによりV3で100億円としていた増収見込は皆減)

支出は、テストイベントの実施や各種計画の進捗状況を踏まえ、支出すべき内容の明確化や新たな需要への対応により、V3と比較して、輸送が60億円増の410億円、オペレーションが190億円増の1,240億円となる一方、これらをはじめとした支出増に対応するため、あらかじめ計画的に計上していた調整費が250億円減となりました。

加えて、競歩の競技会場が東京から札幌に変更になったことに伴い、V3において東京都負担となっていた競歩に係る仮設等の経費30億円を、今回組織委員会予算に組み替えたことから、組織委員会の支出は、V3から30億円増の6,030億円となりました。

マラソン・競歩の競技会場が札幌に変更になったことに伴う経費の増については、引き続き精査とIOCとの経費分担の調整が必要となります。

また、東京2020大会の万全な開催に向けた強固な財務基盤を確保する観点から、今後予期せずに発生し得る事態等に対処するため、270億円を予備費として計上しました。

なお、東京都と国が負担するその他の経費のうち、東京都分はV3から競歩の競技会場変更に伴う30億円減の5,970億円、国分はV3同額の1,500億円で合計7,470億円となり、組織委員会6,030億円と合わせた大会経費の支出計は1兆3,500億円で、V3と同額となっております。

今後も組織委員会は関係団体と緊密に連携し、大会成功に向けて尽力するとともに、引き続き適切な予算執行管理に努めてまいります。

組織委員会予算(V4予算)

収入

項目 金額
IOC負担金 850億円
TOPスポンサー 560億円
国内スポンサー 3,480億円
ライセンシング 140億円
チケット売上 900億円
その他 370億円
収入計 6,300億円

支出

項目 金額
仮設等 1,010億円
エネルギーインフラ 160億円
ハード(会場整備)小計 1,170億円
輸送 410億円
セキュリティ 330億円
テクノロジー 700億円
オペレーション 1,240億円
管理・広報 650億円
マーケティング 1,250億円
その他 180億円
ソフト(大会運営)小計 4,760億円
調整費 100億円
支出計 6,030億円
予備費 270億円
合計 6,300億円

参考:組織委員会及びその他の経費(V4予算)

項目 組織委員会 その他 支出計
恒久施設 3,460億円 3,460億円
仮設等 1,010億円 2,150億円 3,160億円
エネルギーインフラ 160億円 360億円 520億円
ハード(会場整備)小計 1,170億円 5,970億円 7,140億円
輸送 410億円 310億円 720億円
セキュリティ 330億円 550億円 880億円
テクノロジー 700億円 390億円 1,090億円
オペレーション 1,240億円 150億円 1,390億円
管理・広報 650億円 0億円 650億円
マーケティング 1,250億円 0億円 1,250億円
その他 180億円 0億円 180億円
ソフト(大会運営)小計 4,760億円 1,400億円 6,160億円
調整費(組織委員会)/緊急対応費(東京都) 100億円 100億円 200億円
支出計 6,030億円 7,470億円 13,500億円
予備費 270億円  

(注)予期せずに発生し得る事態等に対処する必要が生じた場合、関係者は役割分担に応じて対応する。

参考:経費分担試算(V4予算)

項目 組織委員会 東京都 支出計
恒久施設 2,260億円 1,200億円 3,460億円
仮設等 1,010億円 2,020億円 200億円 4,770億円
エネルギーインフラ 160億円 330億円
テクノロジー 700億円 350億円
会場関係小計 1,870億円
(400億円)
4,960億円
(200億円)
1,400億円
(200億円)
8,230億円
(800億円)
輸送 410億円 300億円 100億円 5,070億円
セキュリティ 330億円 520億円
オペレーション 1,240億円 90億円
管理・広報 650億円 0億円
マーケティング 1,250億円 0億円
その他 180億円 0億円
大会関係小計 4,060億円
(200億円)
910億円
(100億円)
100億円
(100億円)
5,070億円
(400億円)
調整費(組織委員会)/緊急対応費(東京都) 100億円 100億円 200億円
支出計 6,030億円
(600億円)
5,970億円
(300億円)
1,500億円
(300億円)
13,500億円
(1,200億円)
予備費 270億円  

(注1)予期せずに発生し得る事態等に対処する必要が生じた場合、関係者は役割分担に応じて対応する。
(注2)()は、うちパラリンピック経費分である。