プレイブック(ルールブック)初版を公表 安全・安心な東京2020大会の成功に向けた対策を規定

210203_S001_0230

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)と国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)は2021年2月3日(水)、東京2020大会に参加するステークホルダー向けのプレイブック(ルールブック)の初版を公表しました。

プレイブックは、2020年12月の新型コロナウイルス感染症対策調整会議の中間整理を基に、IOC、IPC、世界保健機関(WHO)、また第三者である世界中の専門家・機関からの助言と、コロナ禍の中で開催された世界中の国際的なスポーツイベントからの学びを参考にして作成されました。

ステークホルダー別に作成されたプレイブック初版は、当事者の視点で作成されており、行程ごとに行うべき基本原則や、枠組みが規定されております。各ステークホルダーは、それぞれの運営上の必要性に応じて策定されたガイドラインを遵守しなければなりません。

プレイブックには、ステークホルダーごとの行程が入国14日前から始まること、出国前・入国時に検査をすること、および大会期間中にスマートフォン用アプリを使用して、健康モニタリングや接触状況を把握したり、さかのぼって行動確認を行うことなどについて記されています。また、この行程の中では陽性者の特定や隔離、感染の疑いがある場合を取り扱うための対策も実施されます。

アスリート・チームオフィシャル向けプレイブックにおいては、選手が選手村での過ごし方についての理解を深めることができると思います。選手村におけるアスリートたちの安全を確保するため、大会期間中、アスリートや関係者は定期的に検査を受けるなどの厳しい管理措置の下に置かれます。

今回公表する各ステークホルダー向けのプレイブック初版は、それぞれの関係者に対し順次公表し、東京2020組織委員会、IOC、IPCによる合同説明会を開催してまいります。プレイブックは、IOCやIPC、東京2020組織委員会の公式ウェブサイトからご覧いただけます。説明会は公開いたしませんので予めご了承ください。

また、プレイブック初版に記載された内容は、今後の状況変化を踏まえて更新していく予定です。今後、4月から6月にかけて情報の共有・更新を予定しております。大会の計画を次の段階へと進めるため、より詳細な情報を提供していく予定です。

クリストフ・デュビ IOCエグゼクティブディレクター コメント

東京2020大会における皆さんの健康と安全が最優先です。私たちにはそれぞれ果たす役割があります。そのためにプレイブックは作成されました。私たち一人ひとりが安全・安心な、そして自発的に大会に寄与できるためのルールが記されています。オリンピック大会が様々な面で異なることは周知のとおりです。大会に参加する皆さんにはご理解とご協力を求める様々な条件や制約があります。現時点では主要な方向性をお示ししましたが、当然のことながら、すべての詳細は持ち合わせておりません。したがって春に一度更新し、大会が近づくにつれ、必要に応じて変更する予定です。大会期間中、来日するすべての人ならびに日本に居住する皆さんを守るために完全に準備ができるよう、必要なすべての情報を迅速に提供していきます。

ルールブックを遵守することで、共に強くなりましょう。そして、東京2020大会は人類にとって、オリンピックムーブメントにおいて、そしてこの成功に寄与した皆さんにとって歴史的瞬間として記憶されるでしょう。

クレイグ・スペンス IPCチーフブランド&コミュニケーションオフィサー コメント

今夏の安全で安心な大会を確実にするため、参加するすべてのステークホルダーには果たすべき役割があります。この中心となるのがプレイブックであり、すべての大会ステークホルダーや大切な日本の方々を東京2020大会期間中に守るために過去12カ月かけて作成した新しく強固な基本計画において、不可欠な部分となっています。

2020年3月の大会延期以降、新型コロナウィルスについてより多くのことを知ることとなりました。また、昨年に安全に実施された多くの国際スポーツイベントから、我々は多くの経験を学びました。既存のノウハウにこうした新しい知識を組み合わせることで、プレイブックを作成することができました。プレイブックは、大会に向けてより詳細を伴って更新する予定です。

中村英正 東京2020組織委員会ゲームズ・デリバリー・オフィサー(GDO)コメント

コロナ禍で世界中の社会活動が変わった以上、オリンピック・パラリンピックも変えていく必要があります。人々の生活において、安全・安心が第一になっているように、今年夏の大会も安全・安心にプライオリティを置いていきます。こうした観点から、この度、大会参加者が守るべきルールをステークホルダー別にまとめた、プレイブック(ルールブック)をIOC、IPCと合同で作成しました。このプレイブックは、12月の新型コロナウイルス感染症対策調整会議でまとまった中間整理を基に、実際に参加する関係者の視点で作成したものです。様々な具体策に加え、各グループのコロナ対策責任者の任命や遵守すべきルールなど、実効性の担保についても盛り込まれています。今回公表となる初版は、「現時点でわかっていること」を多くの方にわかり易く伝えることを目的としています。今後、状況の変化も踏まえ、春に第二版へ更新を行う予定です。世界中の関係者に、丁寧なコミュニケーションを行いながら、周知徹底を図っていきたいと考えています。このコミュニケーションを通じて、"一人ひとりが、ルールを守って大会に参加すれば、安全で安心な環境で大会が開催できる"という確信を深めていただきたいと考えております。

一日も早い社会の回復を願い、そしてそのために取り組んでおられる医療関係者、エッセンシャルワーカー、その他全ての方に感謝をしつつ、「安全最優先のオリンピック・パラリンピック」の精神で、安心な大会を開催することができるよう、引き続き準備に努めてまいりたいと思います。