手荷物検査場などにおける「スクリーニング実証実験」を実施

201021_S001_0134

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、2020年10月19日(月)~21日(水)の3日間にかけて「スクリーニング実証実験2020」を実施しました。

今回の「スクリーニング実証実験2020」では、東京2020大会において安全かつ円滑な大会運営を実現するため、大会本番時を想定した手荷物検査場(PSA)や車両検査場(VSA)におけるセキュリティチェック(スクリーニング)の検証、大会警備 JV(東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会警備共同企業体)による実機を用いたトレーニングなどを行いました。

3日間の実験の中では、大会時を想定したPSA、VSAの運用について、44のシナリオで実験を行い、安全・安心かつスムーズなスクリーニングを実施するための各種検証を行いました。

感染症対策についても、身体的距離の確保や検温の方法など、それぞれに必要な手順や時間といった貴重なデータを得ることができました。今後、これらのデータを活用し、大会時の感染症対策を含む様々な対策の検討を進めていきます。

実験においては、観客のセキュリティチェックについて、手荷物のある場合と手荷物のない場合とで比較検証を行い、手荷物がなければ、とてもスムーズに入場できることが確認できました。引き続き「入場は手荷物少なく、ストレスフリー ~大きな感動をお持ち帰りいただきますので、手荷物は最小限でお願いします~」を合言葉に、大会時の安全・安心かつスムーズな入場の実現を目指します。

実証実験終了後、東京2020組織委員会の岩下剛警備局長は、「私たちは来年の東京大会が行われることを確信しており、引き続き大会の安全・安心のための準備をスケジュール通りに進めていく」と大会警備の成功に向けた自信と決意を改めて示しました。

東京2020組織委員会は、今回実施したスクリーニング実証実験の結果を分析検証し、全ての大会関係者、観客、周辺の地域社会に対し、それぞれが実感できる安心を提供することを目指します。