パラリンピック連覇、シアマンド・ラーマン選手を偲ぶ~ 310kgを挙げた超人

リオデジャネイロ2016パラリンピックで金メダルを獲得し、表彰台で笑顔を見せるシアマンド・ラーマン選手
リオデジャネイロ2016パラリンピックで金メダルを獲得し、表彰台で笑顔を見せるシアマンド・ラーマン選手

シアマンド・ラーマン選手ほどの超人アスリートは、そう現れないだろう。

今は亡きラーマン選手は、リオデジャネイロ2016大会で310kgのバーベルを挙げ、パラリンピックで300kgの壁を突破した初めてのパワーリフターとなった。そして2大会連続の金メダルを手にした。

2017年12月、ラーマン選手は「新たな世界記録を打ち立てたい」と東京2020大会への抱負を語っていた。前人未踏のパラリンピック3大会連続金メダルという偉業を成し遂げ、トップに君臨し続けようとうかがっていた。しかし2020年3月、故郷イランのオシュナビーエにおいて、31歳の若さで亡くなった。

「シアマンドはパワーリフティングのパイオニアで、母国のイランはもとより世界中の人々に刺激を与えた存在であり、また、パラリンピック・ムーブメントの最高のアンバサダーでした」

国際パラリンピック委員会(IPC)のアンドリュー・パーソンズ会長はそう言ってラーマン選手を偲んだ。

「人柄も素晴らしく、気が優しくて力持ち。本当に気さくで親しみやすい人でした」

パラリンピック史上最強の男に

シアマンド・ラーマンという名が知られるようになったのは、世界最強となったロンドン2012大会だが、道のりはその4年前に始まっていた。

ラーマン選手がパワーリフティングを始めたのは2008年2月、19歳の時だった。2010年にクアラルンプールで行われた世界選手権でシニアデビューし、男子100kg超級で銀メダルを獲得した。

わずか5カ月後のアジア・パラ競技大会で287.5kgの世界新記録を出し、金メダルを獲得。その後も次々と記録を更新し、ロンドン2012大会では280kgを挙げ、同じイランのカゼム・ラジャビ・ゴレジェ選手が持っていたパラリンピック記録を破った。

ロンドン2012パラリンピックで、パラリンピック新記録を出し、金メダルを獲得したラーマン選手
ロンドン2012パラリンピックで、パラリンピック新記録を出し、金メダルを獲得したラーマン選手
Matthew Lloyd/Getty Images

しかし、何と言っても最大の偉業はリオデジャネイロ2016大会だろう。当時28歳、107kg超級のラーマン選手が300kgに挑戦するのか否か、観客もメディアも固唾(かたず)を呑んで見守っていた。

まず270kgから試合をスタート。そして2回目の試技で300kgに挑戦した。緑のライトが点灯、成功だ。さらにその後、再び登場すると、今度は305kgをしっかりと決める。しかしそれで終わりではなかった。驚くことに、ラーマン選手は4回目、最後の試技で310kgに挑戦することにしたのだ。

完璧に決めた瞬間、リオ中央体育館 パビリオン2に歓声が沸き起こった。

東京2020大会を心待ちにしていた

2019年、東京の象徴的なランドマークを背景に、傑出したパラアスリートに焦点を当てた東京2020キャンペーンビジュアルの最終回にラーマン選手は登場した。

場所は銀座の歌舞伎座。400年以上の歴史を持つ日本の伝統芸能、歌舞伎の殿堂だ。

「この素晴らしいキャンペーンに参加できてうれしいよ。東京2020パラリンピックが待ち遠しい。バーベルと私の勝負、どちらが勝つかな。必ず限界を超えてみせるよ」と、その時、語っていた。

レガシーを称えて

ラーマン選手が逝去した後、イランパラリンピック委員会はその偉業を称え、植樹を行った。

「シアマンドは礼儀正しく勇敢で、スポーツマンシップにあふれる人物でした。イランのアスリートのお手本でした。誰もがシアマンドの死を惜しむでしょう」

東京2020大会のイラン選手団団長、ハディ・レザイー氏はテヘラン・タイムズ紙にこう語った。

故郷のオシュナビーエには、亡きパラリンピック王者の像が建立された。

ラーマン選手が世界中のアスリートに刺激を与えたことは間違いない。境界を押し広げ、限界を越えて前進するその力は、パラリンピック・ムーブメントとしてはもちろん、スポーツ全体にとって永遠のレガシーだ。