大会延期に伴う大会の位置づけ、原則、ロードマップを公表

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、本日(2020年6月10日(水曜日))、国際オリンピック委員会(IOC)理事会に、大会の準備状況を報告しました。

IOC理事会後の記者会見で回答する森喜朗東京2020組織委員会会長
IOC理事会後の記者会見で回答する森喜朗東京2020組織委員会会長

3月24日に大会の延期が決定した後、4月16日のエグゼクティブプロジェクトレビューでは、大会延期に伴う大会準備の枠組みについて合意しました。

その後、様々な課題について議論を重ねてきましたが、本日、来年の大会の位置づけ、原則、ロードマップについて、以下のとおりとりまとめたので、お知らせします。

位置づけ

共通理念

  • オリンピックの本質は競技とアスリートにあり、そしてそれは世界を一つにする力がある。
  • 東京2020大会もアスリート、持続可能性、復興、そしてスポーツの持つ力に重点を置き、人類にとってより明るい未来を形作る契機としていく。
  • これらの理念を柱にして、2021年に行われる東京2020大会を行う。

コロナ以前

  • コロナ感染により延長が決まるまで、2020年に世界最大のスポーツイベントの祭典として開催する準備を進めてきた。
  • そのプランは、記録的な参加者数を、日本ならではの最高のおもてなしで迎え、そしてイノベーションを通じ世界中の感動、協調、興奮をベースにするものだった。

コロナの影響

  • コロナは世界を変え、そして物事の優先順位も変わった。
  • オリンピック・パラリンピックは史上初の延期となり、コロナのもたらす社会的・経済的影響から、開催には新たな課題が生じている。
  • 私たちは、大会の成功のためには、全てのステークホルダーが、創造性、柔軟性、決意をもって、これまでにない形での協力をワンチームで進めていく必要がある。
  • 私たちは、大会にとって最重要なもの、開催都市、開催国の人々にとって有益なものを、引き続き重視していく。
  • 同時に、こうした世界的な状況は、日本、オリンピック・ムーブメント、そして世界にとって団結・連帯の大きな機会を提供する契機となる。

2021年における東京2020大会

  • 東京2020大会は、史上初の延期となった大会である。
  • 東京2020大会は、過去に例をみない団結と共生の祭典になるだろう。
  • 東京2020大会は、世界に復活・復興の証を示すものとなるだろう。
  • 東京2020大会は、人類の希望、くじけぬ力、そして一つとなって取り組む力の象徴となるだろう。
  • 東京2020大会は、日本のベストを結集し、経済を活性化させ、スポーツが人々と世界の健康と幸福をいかに向上させるかを示す、未来への持続可能な出発点となるだろう。
  • そして、東京2020大会は最高の競技大会になる。

2021年の開催に向けた方針

上記のビジョンを礎に、関係者が一体となって、以下の三点の基本原則のもとに準備を進めていく。

  • 選手、観客、関係者、ボランティア、大会スタッフにとって、安全・安心な環境を提供することを最優先課題とする。
  • 延期に伴う費用を最小化し、都民・国民から理解と共感を得られるものにする。
  • 安全且つ持続可能な大会とするため、大会を簡素(シンプル)なものとする。

原則

世界における経済、社会、医療の新たな状況に即し、延期に伴う費用と負担を最小化し、国民・都民から理解を得るべく、競技と選手に重点を置きつつ、サービス水準の見直しを含んだ効率化・合理化を進め、簡素(シンプル)な大会とする。

競技と選手については、基本を維持しつつ、必要かつ可能な場合に、新たな状況にも即した対応を行う。

全ての大会関係者とパートナーと一体となって、下記の点を含め、華美なものとはせず、簡素(シンプル)な大会を実現する。簡素(シンプル)化は、コスト削減とコロナ対策の両面から求められる。

  • 大会関係者に対し東京大会への参加者の削減を要請
  • 特に予算影響の大きい分野を含め、全ての分野を対象に効率化・コスト削減を検討
  • 会場毎・関係者毎の検証にもとづくサービスレベルの見直し
  • 大会関連イベントの再検討

ロードマップ