選手直伝、自宅でできるトレーニング 「#Staystrong」「#いまスポーツにできること」

新型コロナウイルス感染症拡大防止で、不自由を強いられる今だからこそ、多くの人々に力を与えてきたアスリートならではのメッセージがあります。オリンピアン・パラリンピアンらが「#Staystrong」や「#いまスポーツにできること」をつけてSNS上に発信した思いを紹介します。

浅野選手、ボールを使って

選手たちがSNSに、室内でできるトレーニングを投稿しています。リオデジャネイロ2016オリンピックに出場した男子サッカーの浅野拓磨選手が、サッカー日本代表公式Twitterアカウントに登場。手でボールをドリブルしながら、前から来るボールを正確に蹴り返すトレーニングを披露しました。俊敏な動きをみせた浅野選手は「僕も小さなチャレンジをしてみました!夢に向かって一緒に頑張ろう!」とメッセージを寄せました。

姉妹で投稿、高木菜那選手は「体幹」美帆選手は「心」

姉妹そろって平昌2018オリンピックに出場したスピードスケートの高木菜那、美帆両選手はそれぞれのInstagramに投稿。姉の菜那選手は体幹を鍛えるトレーニングを紹介しました。2種類のトレーニングを実演した菜那選手は、「家の中で体を動かして少しでもリフレッシュ出来たらなと思い紹介させていただきました。少しでも早く新型コロナウイルスが終息し幸せな日常に戻れるように、私達に出来ることを一緒に頑張っていきましょう」とコメントしています。

View this post on Instagram

今新型コロナウイルスの影響により家の中で生活する時間が増えていると思います。今まで当たり前のように出来ていたことが出来なくなり、不安やストレスが増えてきていると思います。そんな中、家の中で体を動かして少しでもリフレッシュ出来たらなと思い紹介させて頂きました。 少しでも早く新型コロナウイルスが終息し幸せな日常に戻れるように、私達に出来ることを一緒に頑張っていきましょう!! ちなみに1つ目の体感は左右どちらも やってみてください(^^) #いまスポーツにできること #sportsassistyou #staystrong #stayhome

A post shared by 高木菜那 Nana Takagi (@nana.takagi) on

絵を描くことが「トレーニングとして活用できるかも?」と投稿したのは妹の美帆選手。描く対象を集中して観察することで、無心になることができるそうです。自宅での時間が長くなり「メリハリ」がつかないときには、「集中したり、無心になる時間をつくって」とアドバイスしました。投稿には美帆選手の描いたキャラクターの写真が添えられえています。

View this post on Instagram

みなさんいかがお過ごしでしょうか。 自粛期間が長く続くと、心も不安定になると思います。 そんなときはぜひ手軽にできるお絵描きなんかはどうでしょうか? 新しく何かを買う必要もありませんし、紙とペンがあればどこでもできます🙆‍♀️ 私はよく描写を行います。 対象物をよく観察することにより一点に集中するので、無心になれる時間ができるのが好きです🙆‍♀️ また、観察したものを具現化する行為は、実はスポーツの上でも活かすことができるので、普段できないトレーニングとしても活用できるかも?しれません。 ※私は今までトレーニング目的では行なっていないので確証はありません😅 あくまで憶測です💪 対象物は連絡などでよく使うスタンプなんかでも全然OK🙆‍♀️ 今回は私が好きなスタンプ描いてみたんですけど、なにかわかりますか? ちなみに、対象物が2次元のシンプルな絵の描写は、高度なテクニックなんかは必要ないので、観察することと集中することに焦点を絞れます💪💪 人物像の描写なんかは、あれ、本当に難しいですよね。笑 好きな漫画のワンシーンなんかもオススメですよ😊 もし、お家時間が長くなってメリハリがつかなくなってきたら、一点に集中する時間や無心な時間を少しでも作ると、うまくコントロールできることもあるので、今回の描写に限らず、少しでも参考にしてもらえればと思います! 最後になりましたが、皆さんが心も体も健康で過ごせることを願っております。 #いまスポーツにできること #sportassistyou #staystrong #stayhome #お絵描きタイム #集中力アップ法 #気持ちの切り替えにも #上手かどうかは関係なし #集中することが大切

A post shared by miho takagi (@miho.t_ss) on

萩原さん、家でできる簡単トレ

水泳でシドニー2000オリンピックに出場した萩原智子さんはTwitterに「#家で出来る簡単トレ」を連日投稿中。腹筋や背筋を鍛えるものや、椅子を使ったものまで様々なトレーニングを紹介しています。2020年4月27日(月)の投稿では、「平和で安全な環境になったとき、思い切りスポーツが楽しめるように準備しよう。みんなで笑いあえるように」と呼びかけました。

木村選手は元気の出る動画

リオ2016パラリンピックに出場したパラトライアスロンの木村潤平選手は、Instagramに自宅で腕立て伏せをする様子を投稿。「#家で最高負荷筋トレ」というハッシュタグが付けられた動画では、腕の力だけで身体を持ち上げていました。木村選手は「アスリートして今自分ができること。本当に微力かもしれないですが、この動画を見て元気になってもらえたら」と思いをつづっています。

おりひめジャパン「絆深める」2人組トレ

東京2020オリンピック出場が決まっているハンドボール女子日本代表(おりひめジャパン)の石立真悠子選手と、多田仁美選手は2人組で行うトレーニングを紹介しました。Instagram「ハンドボール日本代表応援団」に投稿された動画で、2人が上下になって行う腕立て伏せや、スクワット運動を実演しました。2人は「友達とやったり、親子でやったり、絆を深めてください」とおすすめしました。

梶原選手、ペットボトルで鍛える

東京2020大会でオリンピック初出場を目指す自転車競技(トラック)の梶原悠未選手は、水の入ったペットボトルを両手で持ち、腰を下げた状態で左右前後に全力で振るトレーニングを伝授しました。Twitterに投稿した動画では、「体幹をしっかり締めて、二の腕が引き締まる意識でやってみてください」とアドバイスしています。

関連ニュース

バドミントンの桃田賢斗選手らもSNSにメッセージを投稿しました。

選手らの思い、続々と 「#Staystrong」「#いまスポーツにできること」

桐生選手、ケンブリッジ選手がSNSで「バトン」リレー

バトンで、英語で、選手ら多彩に 「#Staystrong」「#いまスポーツにできること」

選手らが教える「ステイホーム術」をチェック

ステイホーム、選手らのおすすめの過ごし方は? 「#Staystrong」「#いまスポーツにできること」

選手の思い、様々に

選手ら、希望や感謝のメッセージ「#Staystrong」「#いまスポーツにできること」