東京2020動くスポーツピクトグラムを発表

パラ陸上540_540

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、東京2020スポーツピクトグラムの発展形として、オリンピック33競技50種類、パラリンピック22競技23種類の動くスポーツピクトグラムを制作しました。

東京1964大会で生まれたスポーツピクトグラムが進化

動くスポーツピクトグラム(パラリンピック)

世界中の観客が言語を問わずに競技を識別できる手段として、東京1964大会で史上初めてスポーツピクトグラムが生み出され、東京2020大会では、そのレガシーを時代に合わせてさらに発展させ、最もイノベーティブな大会を象徴すべく、オリンピック・パラリンピック大会史上初となる動くスポーツピクトグラムを制作しました。動くスポーツピクトグラムは大会本番時に会場で流れるスポーツプレゼンテーションや各競技の中継映像等、またスマートフォンでの展開やデジタルサイネージ等での活用など、テクノロジーをけん引する東京らしさ、日本らしさにつながる試みにも使用される予定です。

開発にあたっては映像デザイナーの井口皓太氏に協力を仰ぎ、単に各競技の動作の反復を示すのではなく、既に完成された静止画のピクトグラムをよりダイナミックに演出するために、「出現」と「消失」の動きを「固定」の静止画のピクトグラムの前後に加えることを一連のパターンとしました。デザインの特徴としては、一度3Dで起こした動きを平面に落とす設計をしているため、立体的なスポーツの動きが動きの中に表現され、一方向からではなく立体的なカメラワークによって動きがとらえられているため、限られた面積でもピクトグラムに躍動感がもたらされています。

開発チームデザイナー井口皓太氏のコメント

井口皓太氏
井口皓太氏

今回、1964年の東京大会で誕生したスポーツピクトグラムを大会史上初めて「動かす」ことに挑戦させていただきました。廣村正彰氏をはじめとする開発チームの皆さんがデザインされた躍動感あふれるスポーツピクトグラムに「動き」を加えることで、各競技の持つ魅力をさらに美しく伝わりやすい表現に進化させるためにはどうすればよいか。1年以上の歳月をかけ、多くの関係者の方と協議を重ね、ようやくここに完成させることが出来ました。東京2020大会で誕生した、この動くスポーツピクトグラムが大会本番を彩り、今後新たなレガシーとして次の大会へ受け継がれ、様々な国の映像デザイナーへのバトンになることを願っております。