東京2020大会テクニカルオフィシャルのユニフォームを発表

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、2020年1月23日(木)、東京2020大会でテクニカルオフィシャル(Technical Official:審判・技術役員)が着用するユニフォームを発表しました。

今回発表されたユニフォームは、フォーマルウェアとカジュアルウェアの2種類があり、「暑さ対策・持続可能性・多様性」をテーマに開発。東京2020大会ならではの試みとして、ジェンダーニュートラルな考え方に基づき、フォーマルウェアでは、スラックススタイルへの統一、ユニセックスデザインのジャケットやネクタイ・スカーフの自由選択性など様々な国籍・年齢、着用シーンに対応できるデザインとなっています。

一方のカジュアルウェアは、フィールドキャスト(大会スタッフ)のユニフォームと同じデザイン、色違いとすることで、キャストとの親和性を重視しました。加えて天候や気温に合わせて調整できるように、ジャケットやパンツの着脱のしやすさもポイントになっています。

ウェアの制作はフォーマルウェアが株式会社AOKIホールディングス、カジュアルウェアは株式会社アシックスが担当。開発に当たっては、日本郵便が発行する2019年用「東京2020大会[寄附金付]年賀はがき」の販売により集まった寄付金の配分を受けました。

日本代表選手団公式服装の発表も

日本代表選手団公式服装、開会式用
日本代表選手団公式服装、開会式用
日本代表選手団公式服装、式典用
日本代表選手団公式服装、式典用

また同日、公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC)、公益財団法人日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会(JPC)は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の日本代表選手団公式服装(開会式用、式典用)のデザインを発表しました。

公式服装は、株式会社AOKIホールディングスが制作を担当し、「ニッポンを纏う」というコンセプトのもと、「東京2020大会の価値の発信」「歴史と伝統の継承」「国民との一体感」を表現。オリンピックとパラリンピックの「共生」をテーマに、統一デザインとなっています。

白と赤が特徴的な開会式用公式服装は「開催国、日本代表選手団の爽やかな輝き」をテーマに作製。白のジャケットには、日本古来の伝統柄で、縁起が良いとされる「工字繋ぎ」を陰影でプリントされています。加えて優れたストレッチ性と通気性を併せ持った素材を使うことで、シワにもなりにくく、安心して手に持つことができるようになっています。

「力強く爽やかなフォーマリティ」をテーマにした式典用は、優美な光沢のある紺色のジャケットに、真っ白のパンツを合わせたスタイル。ネクタイとスカーフには、縁起が良いとされる「七宝柄」をはじめ、「うろこ柄」「縞柄」等、日本の伝統柄が採用されています。
「日本らしさ」にこだわった公式服装は、選手一人ひとりの体型にあったパーソナルオーダーで作製されます。