大学連携'19イベント 出張講座プログラムSpecial vol.3 「東京2020大会と持続可能性」開催レポート

2019年12月23日

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、12月21日(土)、大学連携'19イベント 出張講座プログラムSpecial vol.3 「東京2020大会と持続可能性」を開催いたしました。

連携大学の1つである実践女子大学では、東京2020組織委員会が実施する「使い捨てプラスチックを再生利用した表彰台プロジェクト~みんなの表彰台プロジェクト~」に参加を表明し、10月下旬より、キャンパス内にて、使用済みプラスチックの回収を開始しました。

これをきっかけに、実践女子大学で開催されたイベント「『 ALL JISSEN FESTIVAL!』 ~東京 2020 オリンピック・パラリンピックに向けて、 オール実践で盛り上げよう!2019」内において、出張講座プログラムの特別企画第三弾として、持続可能性をテーマとした特別講義および回収いただいたプラスチックの贈呈式を行うこととなりました。

イベントは、在学生を中心に実施され、卒業生や、東京2020組織委員会のイベントやプログラムに参加した学生のみなさん、大会ボランティアに参加予定の学生のみなさん、付属の中学校・高等学校の生徒のみなさんが参加し、ボッチャ大会や「Make The Beat!」の動画撮影も行われ、終日、大いに盛り上がりました。

概要

日時
2019年12月21日(土) 12:15~13:00/15:30~16:00

会場
実践女子大学 渋谷キャンパス(東京都渋谷区東1-1-49)

主催
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

参加者数
約200名(実践女子大学・同短期大学部の在学生、卒業生、実践女子学園中学校高等学校の生徒、大学関係者等)

プログラム

特別講義「東京2020大会と持続可能性」

大谷 貴嗣(東京2020組織委員会 総務局 持続可能性部)

「使い捨てプラスチックを再生利用した表彰台プロジェクト~みんなの表彰台プロジェクト~」贈呈式

出演者
実践女子大学 プロジェクトメンバー(2019年)
手島 浩二(東京2020組織委員会 総務局長)
ミライトワ(東京2020オリンピックマスコット)
ソメイティ(東京2020パラリンピックマスコット)

東京2020マスコット「ミライトワ」「ソメイティ」 握手&記念撮影会