オリンピック・パラリンピックと被災地復興

いわき回転やぐら盆踊り大会
いわき回転やぐら盆踊り大会

コンセプト:「つなげよう、スポーツの力で未来に」

スポーツには、「夢」、「希望」、「絆」を生み出す力があります。

2011年に発生した東日本大震災からの復興の過程においても、スポーツが子供たちを笑顔にする一助となってきました。

東京2020組織委員会は、世界最大のスポーツイベントであるオリンピック・パラリンピックを通じて、被災地の方々に寄り添いながら被災地の魅力をともに世界に向けて発信し、また、スポーツが人々に与える勇気や力をレガシーとして被災地に残し、未来につなげることを目指します。

また、東京2020大会が復興の後押しとなるよう、関係機関と連携して取組を進めながら、スポーツの力で被災地の方々の「心の復興」にも貢献できるようにアクションを展開します。

インタビュー:被災地から東京2020大会を盛り上げる人たち

被災地の方や、被災地にゆかりのある方々にインタビューを行い、スポーツが被災地にどのような力を与えてきたのか、また、東京2020大会に期待する役割をお伺いしました。

「大空を「希望」で彩るブルーインパルス 長野1998大会の記憶、2020年へ紡ぐ思い」

航空自衛隊松島基地副司令 阿蘇晋一さん

テキスト版

「人と人とをつなぐ翼、ブルーインパルス」本編

「東京2020大会招致決定がJヴィレッジ再開の機運を高めてくれた。」

株式会社Jヴィレッジ管理課長 山内正人さん

テキスト版

【株式会社Jヴィレッジ管理課長 山内正人さん インタビュー】〜東京2020大会招致決定がJヴィレッジ再開の機運を高めてくれた〜

「故郷福島と、再始動するJヴィレッジへの思い。」

なでしこジャパン(サッカー日本女子代表)高倉麻子監督

テキスト版

【なでしこジャパン(サッカー日本女子代表)高倉監督インタビュー】〜故郷福島と再始動するJヴィレッジへの思い〜

「福島の魅力を東京2020オリンピックを通じて伝えたい。」

元メジャーリーガー:現福島ホープス岩村明憲監督

テキスト版

【岩村明憲監督 インタビュー】〜福島の魅力を東京2020オリンピックを通じて伝えたい〜

東京2020組織委員会のアクション

復興オリンピック・パラリンピックに向けた、東京2020組織委員会によるこれまでのアクションや、今後のアクションをご紹介します。

東京2020大会競技の被災地開催

野球/ソフトボール競技の一部開催(福島県営あづま球場)

野球・ソフトボール

福島あづま球場

サッカー競技の一部開催(宮城スタジアム)

サッカー競技紹介

宮城スタジアム

東京2020聖火リレー

・東京2020オリンピック聖火は2020年3月12日(木)にギリシャで採火され、3月20日(金)に宮城県東松島市にある航空自衛隊松島基地に到着。これまでに東日本大震災からの復興への願いを象徴する「復興の火」として、宮城県、岩手県、福島県の各地で展示されました。

東京2020オリンピック聖火リレー

東京2020オリンピック聖火が日本に到着

・東京2020組織員会は、「東京2020聖火リレー特別授業」を宮城県石巻市立渡波中学校で開催し、生徒たちが歴史や意義を学びました。

東京2020聖火リレー特別授業

東京2020 NIPPONフェスティバル

主催プログラムのひとつとして、「東北復興」をテーマに、東北各地・東京を舞台とした文化プログラムを展開します。

東京2020 NIPPONフェスティバル

東京2020 復興のモニュメント

モニュメントを通じて被災地から世界へ「感謝・応援」、世界から被災地へ「感謝・感動」のメッセージを届けることを目指します。

東京2020 復興のモニュメント

<左>福島県デザイン <右>岩手県及び宮城県デザイン
<左>福島県デザイン <右>岩手県及び宮城県デザイン

リオ2016大会、平昌2018大会時

・フラッグハンドオーバーセレモニーでは、被災地の子どもたちがつくった 「ありがとう(THANK YOU)」の人文字の映像を放映し、世界中からの、震災からの復興に対する支援に対して、感謝の気持ちを伝えました。

"ありがとう"の人文字を撮影! フラッグハンドオーバーセレモニー

・リオ2016大会、平昌2018大会時に、被災地でライブサイト実施

リオ2016オリンピックフラッグハンドオーバーセレモニーメイキング

アスリートの派遣

・被災地の子どもたちとの交流を深めるため、東京2020スポーツディレクターの室伏広治が、石巻市で行われたイベントに参加し、一緒に1964年大会の聖火台を磨きました。

聖火台磨き

・被災地の方々の「心の復興」に貢献できるよう、アスリートが被災地を訪れ、子どもたちと交流しています。

・被災地で競技が開催される宮城にて、東京2020大会の機運醸成のため、オリンピアン・パラリンピアンが「ジャパンウォーク」in仙台に参加し、現地の方々と会話を楽しみながらウォーキングを満喫しました。

ジャパンウォーク

・東京2020組織委員会は参画プログラムを通じて、宮城県と連携し、復興の後押しをしています。
東京2020参画プログラム「東京オリンピック・パラリンピック強化支援対策事業」の指定証交付式が宮城県庁で開催されました。

宮城参画プログラム

・東日本大震災復興支援 JOC『がんばれ!ニッポン!』プロジェクト。福島県双葉町を会場に、「東日本大震災復興支援 JOC『がんばれ!ニッポン!』プロジェクト」の一環として開催された、「JOCオリンピックデー・フェスタinふたば」に東京2020マスコットとオリンピアンが参加し、被災地の方々と交流しました。

東日本大震災復興支援 JOC『がんばれ!ニッポン!』プロジェクト

被災地の魅力をPR

・地元で愛されている祭りを盛り上げるため、伊藤華英(オリンピアン/競泳)がいわき市で開催された「いわき回転やぐら盆踊り大会」に参加し、地元の子どもたちと東京五輪音頭-2020-を踊りました。

回転やぐら

・東京2020組織委員会は第5回IOC調整委員会の機会をとらえ、公式夕食会のメニューに被災地の食材を活用し、被災地の食の魅力を発信しました。

・東京2020組織委員会は参画プログラムを通じて、福島県と連携し、復興の後押しをしています。
東京2020参画プログラム「地域のたから」民族芸能承継公演事業が福島県白河市で開催されました。

福島参画プログラム

・東京2020組織委員会は参画プログラムを通じて、岩手県と連携し、復興の後押しをしています。
東京2020参画プログラム「いわて復興未来塾」認証式が岩手県盛岡市で開催されました。

岩手参画プログラム

・復興に向けて力強く歩みを進める東北の今と、被災地でオリンピアンやアスリート達がスポーツを通じて人々に勇気や希望を与える姿を、外国メディアの方々に見ていただくことを目的として「東北メディアツアー」を開催しました。

東北メディアツアーレポート

・トーマス・バッハ国際オリンピック委員会(IOC)会長と安倍晋三内閣総理大臣が、東京2020オリンピック野球・ソフトボール競技の会場になっている福島県営あづま球場などを視察しました。

IOCのバッハ会長と安倍総理が福島県のあづま球場などを視察

被災地復興支援連絡協議会

第2回
第1回

関連リンク