[For EVENT: HOST] KABUKI×OPERA「光の王」 Presented by ENEOS

KABUKI_Thumbnail

テーマ:大会に向けた祝祭感

歌舞伎とオペラが融合した夢の舞台

市川海老蔵と世界的オペラ歌手が一夜限りの共演

東西を代表する舞台芸能の融合による世界初の舞台を2020年東京で実現

歌舞伎もオペラも、いずれも“生身の身体の可能性”を表現する舞台芸術です。
“平和を尊ぶ”市民活動の中で発祥し、発展してきた歴史的背景、そして娯楽から舞台芸術へ昇華した成り立ち等、多くの類似点を持っています。
『オリンピックの価値』を基軸として、現在の東京、ひいては日本が世界に発信すべきテーマを表現する芸術分野として「歌舞伎」と「オペラ」を選定し、出演者はもちろん、音楽・舞台芸術・スタッフなど、あらゆる観点からの融合に挑み、“東洋と西洋の文化の融合と共生、伝統と現代の対比”という形で、2020年以降にもレガシーとなるような新しい日本文化を東京から世界へ発信します。

伝統的な歌舞伎作品の数々をベースとしながら、東京オリンピック・パラリンピックにおける公式文化イベントの
オープニングにふさわしい祝祭感ある物語。
その新たな歌舞伎のストーリーの中に馴染み深いオペラの名曲が随所に織り込まれ、まさに歌舞伎とオペラが一体となって盛り上がる演出が創り出されます。

チケット情報を見る

出演者・クリエイティブ

十一代目市川海老蔵

歌舞伎俳優

2020年5月に十三代目市川團十郎白猿を襲名

日本の伝統芸能を次世代に伝えるべく、自主公演にも力を入れている。また国外では、パリ国立シャイヨー宮劇場にて十一代目市川海老蔵襲名披露公演を果たし、近年ではシンガポール、アラブ首長国連邦, ニューヨーク・カーネギーホールにて出演する。2007年にローレンス・オリビエ賞にノミネート、フランス芸術文化勲章シュヴァリエを受章。

コメント

この度、東京2020NIPPONフェスティバルのオープニングを飾る新作舞台作品、KABUKI×OPERA「光の王」にて主演を務めさせていただくこととなりました。

2020年は東京オリンピック/パラリンピックが開催されることで、世界中から日本が注目される年となるでしょう。また私自身、十三代目市川團十郎白猿を襲名する年でもございます。この節目に、このような大きな舞台に挑戦させていただくことに喜びは勿論のこと、身の引き締まる思いでおります。

今回共演させていただくオペラ歌手のアンナ・ピロッツィ氏、アーウィン・シュロット氏、指揮者のジョルディ・ベルナセル氏は、世界の名だたる劇場で活躍されている実力者であり、私と同世代の方々です。また「歌舞伎」と「オペラ」はどちらも400年以上の歴史を持つ芸術です。この大舞台で歴史ある西洋と東洋の文化を継承する我々が共演することでどのような化学変化を起こすのか。私自身もとても楽しみにしているところでございます。

KABUKI×OPERA「光の王」

何卒ご期待ください。

アンナ・ピロッツィ

ソプラノ歌手

オペラ界で最も注目されている ドラマティック・ソプラノ歌手

1975年生まれ、イタリア出身。生粋のヴェルディソプラノと称され、そのドラマティック・ソプラノと圧倒的な声で世界の名指揮者とオペラハウスを魅了。スカラ座のオープニングを飾る等、現在最も高い評価を受けているプリマドンナの初来日公演となる。

Uruguayan baritone Erwin Schrott
Uruguayan baritone Erwin Schrott

アーウィン・シュロット

バス・バリトン歌手

最も魅力的なバス・バリトンと称される、オペラ界の人気スター

1972年生まれ、ウルグアイ出身。ミラノ・スカラ座、メトロポリタン歌劇場、パリ国立オペラ、バイエルン国立歌劇場、ワシントン・ナショナル・オペラ、ウイーン国立歌劇場他、世界の名だたる歌劇場において国際的な評価を得る、南米屈指の若手バリトン歌手。

指揮者:

ジョルディ・ベルナセル

オーケストラ:

東京フィルハーモニー交響楽団

演出:

藤間勘十郎(宗家藤間流八世宗家)

公演概要

コンセプト

歌舞伎もオペラも、いずれも“生身の身体の可能性”を表現する舞台芸術です。
“平和を尊ぶ”市民活動の中で発祥し、発展してきた歴史的背景、そして娯楽から舞台芸術へ昇華した成り立ち等、多くの類似点を持っています。
『オリンピックの価値』を基軸として、現在の東京、ひいては日本が世界に発信すべきテーマを表現する芸術分野として「歌舞伎」と「オペラ」を選定し、出演者はもちろん、音楽・舞台芸術・スタッフなど、あらゆる観点からの融合に挑み、“東洋と西洋の文化の融合と共生、伝統と現代の対比”という形で、2020年以降にもレガシーとなるような新しい日本文化を東京から世界へ発信します。

チケット情報

日程:

2020.4.18(土)17時開演(予定) ※1回限り

場所:

東京体育館

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ケ谷1丁目17-1

「千駄ヶ谷駅」から徒歩1分

「国立競技場駅(A4出口)」から徒歩1分

発売時期(予定):

[抽選販売] 2/14(金)10:00 ~ 2/24(月)23:59

[一般販売] 3/7(土)10:00 ~ 3/17(火)23:59

※発売期間は予告なく変更する場合がございますので、予めご了承ください。

チケット料金(税込):

SS席 25,000円 / S席 18,000円

A席 12,000円 / B席 10,000円

Z席 2,020円

※Z席はステージの一部が見えない席です。一般販売から開始します。

チケットに関するお問い合わせ窓口:

電話:0570-78-3202(平日12:00~18:00)

メール:kabuki-opera@pia.co.jp

※チケットの取り扱いは2月14日(金)からを予定しております。詳しい情報はあらためて2月中旬に発表いたします。