「一年後へ。一歩進む。~+1(プラスワン)メッセージ~ TOKYO2020 」  

カルーセル用

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、来年7月23日に開会する東京2020オリンピックの開始時刻に合わせ、本日(2020年7月23日(木・祝))20時より、大会を目指す全てのアスリートへのエール、大会を支えてくださる全ての人々への感謝・敬意を込めた動画を、オリンピックスタジアム(国立競技場)から世界に向けて発信しました。

「今から、1年後。オリンピックやパラリンピックができる世界になっていたら、どんなに素敵だろうと思います」。暗闇に包まれたオリンピックスタジアムに、あるアスリートのメッセージが響き渡りました。

競泳の池江璃花子選手です。上下白の衣装に身を包み、東京2020オリンピック聖火が灯るランタンを持ちながら、ゆっくりと言葉を紡いでいきます。

ランタンを掲げる池江選手
ランタンを掲げる池江選手

「今は、一喜一憂することも多い毎日ですが、一日でも早く、平和な日常が戻ってきて欲しいと、心から願っています。スポーツは、人に勇気や、絆をくれるものだと思います」

約3分間にわたるメッセージの最後を、池江選手は次のように締めました。

「逆境から這い上がっていくときには、どうしても希望の力が必要だということです。希望が遠くに輝いているからこそ、どんなにつらくても、前を向いて頑張れる。世界中のアスリートと、そのアスリートから勇気をもらっているすべての人のために。一年後の今日、この場所で希望の炎が、輝いていて欲しいと思います」

その後、会場内のビジョンに「一年後へ。一歩進む。~+1(プラスワン)メッセージ~ TOKYO2020」の映像が流れると、池江選手はそれをじっと見つめていました。そして大役を終え、フィールドから降りていく際には、記者席から大きな拍手が池江選手に送られました。

「一年後へ。一歩進む。~+1(プラスワン)メッセージ~ TOKYO2020 」 放映映像
03:00

またプログラム終了後には、池江選手が持っていた東京2020オリンピック聖火のランタンも公開されました。ギリシャから日本につながれた聖火は、現在も変わらず灯り続けています。

灯り続ける聖火
灯り続ける聖火

「一年後へ。一歩進む。~+1(プラスワン)メッセージ~ TOKYO2020 」 映像概要

2020年という特別な年は、さまざまな試練の中で、あらためて、スポーツが、人々に希望の光を灯すものであることを教えてくれる出来事があった年です。

「一年後の今日、オリンピックやパラリンピックができる世界になっていたら、どんなに素敵だろう。」

これは、一年後の開会式の日に向けて、一歩前へ、進むために、ひとりのアスリートからの心のメッセージです。一年後のオリンピック・パラリンピックのために努力している世界中のアスリートたちが、いま、どのような思いでいるのか、アスリートの視点に立った映像です。

出演者

池江 璃花子 選手(競泳)

池江 璃花子 選手 コメント

オファーを頂いた時は私でいいのかなと思いました。このような大役を自分にできるのかという不安もありましたが、話が進んでいくにつれ、こんな機会はもう無いかもしれないと思い、すごく楽しみだなという気持ちで引き受けさせて頂きました。

2020年7月23日開催「一年後へ。一歩進む。~+1(プラスワン)メッセージ~ TOKYO2020 」アーカイブ映像

関連リンク