東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の 追加経費の負担について合意 

editorial-image-fallback

本日(2020年12月4日(金))、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織員会(東京2020組織委員会)、東京都、国の代表による三者会談を実施し、新型コロナウイルス感染症の影響により大会が延期されたことを踏まえ、必要となる追加経費の負担について以下の「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の追加経費の負担について」のとおり合意しました。

東京2020組織委員会は、今後とも引き続き国際オリンピック委員会(IOC)をはじめとする関係機関の協力を得て、大会経費の抑制・削減に取り組むとともに、新型コロナウイルス感染症対策を着実に実施し、安全で安心な大会開催に向けて、東京都、国、関係団体と緊密に連携を図りながら、準備を進めてまいります。

本件の詳細については、以下のPDFをご覧ください。

関連リンク