脇本雄太、自転車に人生を懸ける 二足のわらじを履くアスリートたち

●wakimoto-key

東京2020大会に出場する、もしくは出場を目指すアスリートの中には、競技者とは別のキャリアを築く選手がいる。自転車競技(トラック)で東京2020大会、日本代表に内定している脇本雄太もその1人だ。自転車競技ナショナルチームの一員として、国際大会に出場する一方、公営競技の競輪選手として日本各地のレースを転戦する。自転車に人生を懸ける脇本の生き方に迫った。

運命を変えた友人の誘い

「ケイリン」と「競輪」。同じ読み方が示すとおり、ともに自転車を使った競技だ。1948年に福岡県で産声を上げた公営競技の「競輪」は、のちにスポーツの自転車競技にも取り入れられ、「ケイリン」として世界選手権でも開催されるようになる。さらにシドニー2000大会からはオリンピック種目に採用された。

現在、その2つの「ケイリン/競輪」に挑んでいるのが脇本雄太だ。ケイリンでは2020年の世界選手権で銀メダルを獲得するなど、実力は世界トップレベル。競輪においても、トップ選手の一人に数えられるなど、「輪界」を代表する選手だ。そんな脇本が自転車競技と出会ったのは、高校生のころだった。

「僕は小・中学校と運動をしていたわけではありません。同じ高校に入った友人がいるのですが、その人は自転車が大好きで、『一緒にやってみないか』と誘われたことから始めました」

脇本は理科の実験に興味があったことから、中学校時代は科学部に所属し、高校も就職を見据えて、工業系の福井県立科学技術高等学校へと進んだ。それだけに「将来、スポーツ選手になるという考えは全くなかったですね。友人の一声が人生を変えたと思います」と、振り返る。

母の「世界一を目指してみない?」の一言で

競技を始めた当初は、体育会系独特の上下関係に戸惑ったが、メキメキと力をつけていった。高校3年生のときには、国民体育大会の少年1kmタイムトライアルを連覇。そのとき、母からかけられた言葉が、脇本の運命を変える。

「日本一になったなら、世界一を目指してみない?」

この一言をきっかけに、自転車競技でオリンピック出場という目標が定まった。高校卒業後、日本競輪学校(現:日本競輪選手養成所)へ入学。競輪選手をしながら大舞台を目指す道もあると知っての決断だった。1年間の学校生活を経て、2008年7月に地元福井県でのレースでデビューを飾る。そのときのことは、今でも覚えているという。

「競輪選手としての活動の難しさを感じました。それまで自転車競技のタイムトライアルしかやっておらず、実際に競輪を味わったとき、9人で走ることの難しさが表に出たのかなと思っています。デビュー戦は勝利したものの、かなり期待されていたので、ものすごく緊張しました。その中で1着が取れて『ほっとした』という感じでした」

競輪に挑む脇本(2番)
競輪に挑む脇本(2番)
(C)公益財団法人JKA

「違い過ぎる」2つの自転車

「ケイリン」と「競輪」、二足のわらじを履く生活は10年を超える。カーボン製の自転車を使うケイリンに対して、鉄製を使う競輪。競輪のほうが圧倒的に重く、バランス感覚は異なる。「違いすぎる」2つのタイプの自転車を乗りこなすことが、両立において最も苦労する点だ。

そこで脇本が大切にしているのは「メモすること」。「今は競技用に乗る時間が長くなっています。だからこそ、競輪の自転車に乗る数少ないときには、その感覚を自分の頭の中にしっかりと刻んでおいて、違和感なく乗れるようにします。頭にも、体にもその感覚を『メモしておく』ような感じです」。

一方で2つに挑むからこそ、それぞれの良さも分かる。1周250m、板張りのバンクを6周し、7人までの選手で競う「ケイリン」はまさに「個」での戦い。スピード管理と風よけの役割を持つペーサーが離れた残り3周から、レースは一気にヒートアップ。レース終盤にみせる「トップスピード」は、「競輪」では見ることのない圧倒的なものだ。

「競輪」のバンクはコンクリート製で1周333m~500m、周回数はバンクの長さで変わるが、約2000mを7人もしくは9人の選手で競う。最大の違いは最後の直線付近まで、地区同士の結びつきなどから組まれる2、 3人のチームで走ることだ。この連携をラインといい、ケイリンでチームを組むことは禁止されている。

「一番前を走る人は、しっかり風を切って、後ろの選手のために空気抵抗を減らす。後ろの選手は他のラインから援護をする。チーム戦を見て取れる点が一番おもしろいと思います。お互いを信頼している中での戦いが魅力です」

ニュージーランドでのUCIワールドカップに臨む脇本
ニュージーランドでのUCIワールドカップに臨む脇本
(C)公益財団法人JKA

「勝つぞ」という強い気持ちで

高校時代に立てた目標、「競輪選手をしながらオリンピックを目指す」は、リオデジャネイロ2016大会で実現した。初めてのオリンピックは敗者復活戦敗退という苦い結果に終わったが、その後の4年で、脇本はナショナルチームのブノワ・ベトゥヘッドコーチ(HC)の元、進化を遂げた。ワールドカップでは優勝も経験。さらに2020年は世界選手権で銀メダルを手にし、「オリンピックのメダルが夢でなく、目標であるということを実感してきています」と東京2020大会での金メダル獲得を視野に入れる。

ブノワHCとの出会いについて、「お互いに覚悟を見せあって、信頼していこうというところから入りました」と振り返る。そんな師から教えられたのは、リスクはつきもの、不安を一切考えず、まずは「自分が勝ちたい」という気持ちで挑むことだ。「どんな選手が相手でも、『勝つぞ』という強い気持ちを作ってくれたのが大きいです」と、胸を張る。

生活拠点も福井県から、自転車競技(トラック)の会場がある静岡県へと移した。各地を転戦する競輪選手としてはきつく、環境が変わることへの不安もあったが、ブノワHCの「常に毎日を合宿だと思わないと強くなれない」という言葉で決断した。大会は2021年へと延期になり、決定直後は落ち込むこともあったが、「さらに強くなれる期間」と捉え、トップスピードをさらに磨くなど、表彰台の頂点に向けてレベルアップに取り組む。

脇本は似て非なる2つの「ケイリン/競輪」に挑戦し続ける。

2020年の世界選手権で銀メダルを獲得。東京2020大会では頂点を狙う
2020年の世界選手権で銀メダルを獲得。東京2020大会では頂点を狙う
(C)公益財団法人JKA

二足のわらじを履くアスリートたち

黒木茜が築く「社長」というキャリア

髙田真希、社長として描く希望

広田有紀、将来は医師として女性支える

戸邉直人は「研究者」としても走高跳を極める

中村知春、GM兼任で目指す女子ラグビーの価値向上

原希美、仕事と両立「支えられていること」知る