第5回東京オリンピック・パラリンピック競技大会における新型コロナウィルス感染症対策調整会議の開催について

editorial-image-fallback

2020年11月12日(木)、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)、国、東京都の3者は、緊密な連携の下、東京2020大会における実効的なコロナ対策について、総合的に検討・調整するため、「第5回東京オリンピック・パラリンピック競技大会における新型コロナウィルス感染症対策調整会議」を開催しました。
第5回目となる今回は、アスリートや大会関係者の特例入国、観客、聖火リレー、ライブサイト、ホストタウンにおける感染症対策などについて議論しました。

会議検討項目

・アスリートトラックの運用開始について
・パラアスリートの適切な感染症対策について
・観客の感染症対策について
・都市ボランティア等の論点について
・ホストタウン等における対応について

引き続き、国民の共感を得て安全で安心な大会を開催できるよう、関係機関と緊密に連携して、準備に尽力してまいります。
なお、議事次第、配布資料については、以下のPDFをご覧ください。

関連リンク