国民の皆様へ 東京2020組織委員会会長メッセージ

200326_S001_0370

東京2020大会の開催につきましては、新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大に伴い、各地で国際大会が中止になり、特に出場枠をめぐる予選大会が開催できないケースも多くなっていました。各国・地域の選手選考にも影響が出て、今年の夏の開催について憂慮する声が各方面からも上がっていました。世界保健機関(WHO)も、新型コロナウイルス感染症の「パンデミックが加速している」との見方を示すなど、状況はきわめて深刻化してまいりました。

IOCも、こうした状況の中で臨時のIOC理事会を開きたいとの意向を示し、日本側との意見の調整のため、3月22日、私はIOCのバッハ会長との電話会談を行いました。その結果、大会の中止はあり得ず、双方で延期を含めた複数シナリオの検討を始めることとし、議論の最終化に4週間ほど要することに合意しました。その後、23日未明の電話によるIOC臨時理事会でこの方針を認めていただいていたところです。

この方針決定の後すぐ、24日には、IOCバッハ会長と安倍総理の電話会談が行われ、東京2020組織委員会からは、私と武藤事務総長が出席し、菅官房長官、橋本大臣、小池都知事にも同席いただきました。

この会談で、IOC、日本側、ともに、アスリート及び観客の健康と安全を護ることが最も重要であるとの認識のもと、東京2020大会を延期することを決定しました。今後、あらゆる延期シナリオを検証し、会談での合意内容に沿い、来年、遅くとも夏までの大会開催を目指します。これは、オリンピック・パラリンピック史上前例のない、かつてない挑戦です。

決定を受けて、組織委員会では、早速26日に「新たな出発 東京2020大会実施本部」を設置し、初の会合を開きました。

新たなスタートにあたっては、これまでも一生懸命準備に取り組んでいただいた関係者、会場を保有する自治体の皆様には、大変なご迷惑をおかけすることになります。皆さまに丁寧な説明を心がけるとともに、政府、東京都、国内外の関係機関とは緊密に連携して、諸課題の解決に全力を注いでまいります。

特に大事なことは、大変な苦労をしてチケットを購入いただいた皆さん、大会ボランティアとして活動を予定している皆さん、オリンピック聖火ランナーとして走ることを楽しみにされていた皆さんには、その権利について十分に配慮した対応ができるよう、早急な検討を進めます。また、各国の事前キャンプの受け入れ準備をしていた自治体の方々には、是非ともこれまでと変わらぬ情熱で、来年に向けた準備をお願いしたいと思います。

世界中で新型コロナウイルス感染症が拡大している中、人類がこれに打ち克つ証として、来年の東京オリンピック・パラリンピックを実現することは東京2020組織委員会の使命であり、世界中の人々にとって希望の光となると信じています。

最後に、世界のアスリートの皆さんへ。この難局の時代を乗り切ることで、来年、世界は皆さんを喝采で迎えると確信しています。世界が注目していることを、是非心に留めてください。東京2020大会でお会いしましょう。

2020年3月26日 東京2020組織委員会会長 森喜朗