東京2020大会の日本代表選手団オフィシャルスポーツウェアを発表

オフィシャルスポーツウェア発表会7

株式会社アシックスは、公益財団法人日本オリンピック委員会と公益財団法人日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会とともに、2020年2月21日(金)、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の日本代表選手団オフィシャルスポーツウェアの発表会を開催。ゲストアスリートがウェアを着用し、初めてお披露目しました。

東京2020大会 日本代表選手団オフィシャルスポーツウェア発表会

鮮やかな「サンライズレッド」をメインカラーに

鮮やかな「サンライズレッド」 美しさ・強さと機能を両立させて代表らしく
鮮やかな「サンライズレッド」 美しさ・強さと機能を両立させて代表らしく

今回は、新たに日本代表選手団用として、オリンピック・パラリンピック共通デザインでポディウムジャケットなどのウェアやシューズ、バッグなど17アイテムを作製。「JAPONISM」をコンセプトとし、開催国の代表として選手自身が誇りを感じられるよう、日本の伝統美と先端技術をかけ合わせてアスリートの強さを表現しました。

またメインカラーには、朝日が昇る力強さをイメージした鮮やかな「サンライズレッド」を採用。さらに「JAPAN TEAM KEY GRAPHIC」と名付けられたグラフィックには、「折型」や「かさねの色目」といった日本の伝統的なデザインや技法なども取り入れました。

発表会には、ゲストアスリートとしてオリンピック・パラリンピック合わせて13人の選手が登場しました。アーティスティックスイミングの乾友紀子選手は、「とても鮮やかで存在感がある。長時間着ていてもリラックスできる」。パラ陸上の鈴木徹選手は「通気性がいいので着ていて軽く感じる」とそれぞれユニフォームへの感想を述べました。

またマラソンの服部勇馬選手は大会本番に向けて、「改めて代表としての重みと、たくさんの方々に応援されていることを感じた。日本選手団一丸となって精一杯頑張る」と意気込みを語りました。