公益財団法人JKAとの東京2020オフィシャルコントリビューター契約について

公益財団法人JKA
公益財団法人JKA

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック組織委員会(東京2020組織委員会)は、下記のとおり、東京2020大会にご貢献いただく公益財団法人JKAと東京2020オフィシャルコントリビューター契約を締結しましたので、お知らせします。

契約内容
東京2020オフィシャルコントリビューター

契約先
会社名:公益財団法人JKA
本社:東京都港区
代表者:会長 笹部 俊雄(ささべ としお)

ご貢献いただく内容
伊豆ベロドロームの会場整備への財政支援

笹部 俊雄 公益財団法人JKA会長コメント
このたび、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のオフィシャルコントリビューターとして、東京2020大会 の成功に向けて貢献できることを大変光栄に思っております。伊豆ベロドロームの施設が東京2020大会の光輝く自転車競技(トラック)会場として貢献できることは、栄誉なことであります。また、JKAとしても地域一体となって、東京2020大会を盛り上げていく所存です。東京2020大会終了後、伊豆ベロドロームがレガシー施設として、自転車競技の振興や自転車文化の発展のため中心的な役割を果たすよう協力してまいります。

森 喜朗 東京2020組織委員会 会長コメント
このたび、JKAをオフィシャルコントリビューターとしてお迎えできることになりました。JKAには、東京2020大会の自転車競技会場となる伊豆ベロドロームの会場整備への財政支援をいただくことになっております。東京2020大会後、伊豆ベロドロームが日本のみならず世界の自転車競技界のレガシーとして定着し、今後の自転車競技界の発展に寄与することを心から期待しています。

東京2020オフィシャルコントリビューターについて
東京2020オフィシャルコントリビューターとは、東京2020スポンサーシッププログラムとは異なるプログラムであり、東京2020大会の開催のために貢献する非営利団体対象のプログラムです。オフィシャルコントリビューターは、貢献内容に基づいた呼称などの権利を国内において行使することが可能になります。東京2020組織委員会は、オフィシャルコントリビューターと協力し、東京2020大会の成功に向けて準備を進めてまいります。

公益財団法人JKA
公益財団法人JKA