東京2020オリンピック・パラリンピック観戦チケットデザインを発表

東京2020オリンピック・パラリンピック観戦チケットデザインを発表

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は2020年1月15日(水)、東京2020オリンピック・パラリンピック観戦チケットのデザインを発表しました。

イベントには東京2020パラリンピックのカヌー競技代表に内定している瀬立モニカ選手と、アメリカ代表としてロンドン2012パラリンピックのアーチェリー競技で銀メダルに輝いたマット・スタッツマン選手、タレントの山里亮太さんが参加しました。

チケットデザインを初めて見た瀬立選手は、カヌーのチケットについて「海の森水上競技場の自然豊かなところが感じ取れる。魅力的なデザイン」と語り、「いよいよなんだな、ドキドキわくわくする」と東京2020パラリンピックへの期待感を膨らませました。

一方、スタッツマン選手は「素晴らしいチケット。アーチェリー会場にも行ってみたが会場にもピッタリな色だと感じる。「禅」な気持ちになれる。必死で練習をしてきた。金メダルしか見ていない」と目標を語りました。

日本らしくわかりやすいデザイン

公開されたチケットデザイン
公開されたチケットデザイン

公開されたチケットデザイン

デザインは、競技会場や都市装飾等に使用される「かさねの色目」を使用したデザインと、スポーツピクトグラムを用い、チケットごとに表情が異なっています。
カラーは日本を代表する「紅」「藍」「藤」「松葉」の4色に分かれ、各競技会場の色に合わせています。会場との連動感・一体感を感じていただけるとともに、会場案内の手助けになるよう考えられています。

オリンピック観戦チケット:開閉会式を除く59種類
オリンピック観戦チケット:開閉会式を除く59種類

オリンピック観戦チケット:開閉会式を除く59種類

パラリンピック観戦チケット:開閉会式を除く25種類
パラリンピック観戦チケット:開閉会式を除く25種類

パラリンピック観戦チケット:開閉会式を除く25種類

なお、東京2020大会観戦チケットの全デザインが、日本橋三井タワー1階アトリウムにて2020年1月29日(水)まで一般公開されており、どなたでもご覧いただくことができます。

日本橋三井タワー1階アトリウムで展示中
日本橋三井タワー1階アトリウムで展示中

日本橋三井タワー1階アトリウムで展示中

東京2020パラリンピック観戦チケット第2次抽選申込開始

2020年1月15日(水)より東京2020パラリンピック観戦チケットの第2次抽選申込受付を開始しました。

抽選申込の受付期間は1月29日(水)11時59分までで、抽選結果は2月18日(火)に発表されます。

詳しい購入方法などは以下をご確認ください。

関連リンク