東京2020オリンピック マラソンコース決定について

東京2020オリンピック マラソンコース決定について

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は2019年12月19日(木)、第32回オリンピック競技大会(2020/東京)における陸上競技のマラソンについて、ワールドアスレチックス(WA)の承認を得て以下のようにコースを決定しました。

決定を受けて、WA技術代表およびカウンシルメンバーのシルビア・バーラグ氏は、「オリンピックのマラソンおよび競歩のコースを作成することは、常にチャレンジングです。アスリートの環境、街の魅力をアピールする、技術および放送面での要求を満たすなどのバランスをとりつつ、素晴らしい情景を観客に提供し、オリンピックを楽しんでいただくことが求められているからです。私たちは、札幌でこのチャレンジを達成することができました。アスリートの方々をはじめ、短期間でのコース作成をご支援頂いたすべての関係者の皆さまに感謝申し上げます。世界最高レベルのマラソンランナー、競歩ランナーが、この札幌のコースで金メダルを目指して競い合うことを楽しみにしています」とコメントを発表しました。

コースの特徴について

札幌大通公園をスタート・フィニッシュ

コースは、札幌大通公園をスタート・フィニッシュとして、おおよそハーフマラソンの長さに匹敵する大きいループ1周と、約10kmの小さいループ2周で構成されます。
ループ化することにより、各国オリンピック委員会や関係者への負担軽減、簡素化や効率化を図りました。
1周目の大きいループは将来、オリンピックのレガシーとして、札幌市が毎年ハーフマラソンを開催できることを想定したコースで、さっぽろテレビ塔をバックにスタートしたのち、札幌大通公園の一部外周を2周し、すすきの~中島公園~豊平川~創成川通~北海道大学~北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)と北海道・札幌の発展の歴史を辿り、その魅力を世界に伝えるコースとなっています。
なお、詳細な発着点を含むコースの精緻化は今後行う予定です。

コースマップ

マラソンの競技日程

2020年8月8日(土)7:00 マラソン(女子)
2020年8月9日(日)7:00 マラソン(男子)

関連リンク