東京2020パラリンピックの開会式・閉会式に出ませんか? 出演者オーディションを実施

logo_small
佐々木宏エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター、栗栖良依クリエーティブ・ディレクターとソメイティ
佐々木宏エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター、栗栖良依クリエーティブ・ディレクターとソメイティ

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は2019年12月9日(月)、東京2020パラリンピック競技大会の開会式・閉会式を共に作っていただける仲間、パラエンターテイナーを一般より募集することを発表しました。2019年12月10日(火)から2020年1月10日(金)の期間でオーディション(書類・動画審査及び面接審査)を行い、キャストを決定します。

パラリンピックは障がいのある方を対象とした世界最高峰のスポーツ大会です。この大 会の開催をきっかけとして障がいの有無に関わらずお互いを尊重し合える共生社会の実現 を目指しています。障がいなど、生活上ご自身で何らかの制約があると認識されているパ フォーマーの活躍する舞台の拡大を企図すると共に、パラリンピック後もレガシーとして 後世に残していくためにも、「スポーツが得意な人がいるように、歌が得意な人がいる。ダンスが得意な人がいる。楽器が得意な人がいる。そんな全ての人たちが、アスリートと同じように各々の個性を活かしたパフォーマンスで感動を届け、多くの方が世界に向けて活躍できる開閉会式にしたい」と東京2020パラリンピック開会式・閉会式制作チームは考えています。

募集を行うのは、(1)開会式/閉会式の主役となるキャストとなる「リーディングキャスト」、(2)個人やグループにフォーカスするパートで演出内容にあわせてご自身がお持ちの個性や特技を活かしたパフォーマンスをしていただく「オリジナルキャスト」、(3)集団群舞のパートでパフォーマンスをしていただくキャスト「マスキャスト」。

オーディションの審査は、佐々木宏パラリンピック担当エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター、栗栖良依クリエーティブ・ディレクターをはじめ、パラリンピック開会式のステージ演出を手掛けるケラリーノ・サンドロヴィッチさん(劇団ナイロン100℃を主宰する劇作家・演出家・映画監督・音楽家)、閉会式のステージ演出を担当する小林賢太郎さん(演劇プロジェクト「K.K.P.」やコント集団カジャラなど、エンターテインメント分野で多彩に活動)、中井元東京2020組織委員会チーフ・セレモニー・オフィサーらが行います。

世界中が注目する大きなスタジアムのど真ん中に立って、アスリートと一緒に東京2020パラリンピックを盛り上げましょう。

審査委員からのコメント

佐々木宏氏

敢えて言います。ライバルは「オリンピック」開閉会式。パラリンピックをなんとしても盛り上げたい。現代演劇界を代表する鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチ氏と同じく奇才小林賢太郎氏が「パラリンピック開閉会式」の最終ステージ演出をやります。これは、事件。騒然。期待高まります。KERA「開会式」と、コバケン「閉会式」の対決、ちょっと見もの。そのキャストを緊急募集です。新国立競技場に立てます。あなたが。

ケラリーノ・サンドロヴィッチ氏

まったく未知のフィールドに飛び込んでゆくのは皆さんも私も同じです。どんなショウになるかも貴方達次第。「楽しむ」ことを第一に、パラリンピックならではの出逢いに期待しています。

小林賢太郎氏

エンターテイナーにとって、動き方や声の出し方は大事。でももっと大事なのは、その前にちゃんと静止すること。これはまさに競技のスタートの瞬間と同じですね。パラリンピアンのみなさんと一緒に東京2020を楽しく締めくくれるよう、丁寧に準備を進めています。力を貸してください。さあ、位置について、よーい......。

募集カテゴリー

東京2020パラリンピック競技大会の開会式・閉会式に出演するキャストを以下の3つのカテゴリーで募集します。

※出演(募集)するキャストの人数、配役は変動する可能性があります

リーディングキャスト(若干名)

開会式/閉会式の主役となるキャスト(個人募集)

オリジナルキャスト(20名程度)

個人やグループにフォーカスするパートで、演出内容に合わせてご自身がお持ちの個性や特技を活かしたパフォーマンスをしていただくキャスト(個人・グループ募集)

マスキャスト(400名規模)

集団群舞のパートでパフォーマンスをしていただくキャスト(グループ募集)

募集について

応募期間は2019年12月10日(火)12時00分~2020年1月10日(金)23時59分