東京2020オリンピック聖火リレー聖火到着式概要、聖火特別輸送機"TOKYO 2020 号"のデザインを発表!

聖火特別輸送機“TOKYO 2020 号”
聖火特別輸送機“TOKYO 2020 号”

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、本日10月25日(金)、東京2020オリンピック聖火リレー聖火到着式概要および聖火特別輸送機"TOKYO 2020 号"のデザインを、以下のとおり発表しました。

聖火到着式概要

概要

2020年3月12日(木)ギリシャの古代オリンピア市で採火される聖火は、ギリシャ国内の聖火リレーの後、2020年3月19日(木)ギリシャ アテネのパナシナイコスタジアムにて引継式を実施したのち聖火特別輸送機"TOKYO 2020 号"にて2020年3月20日(金)に宮城県にある航空自衛隊松島基地に到着します。
2020年3月20日(金)にギリシャから日本に到着する聖火を歓迎し、2020年3月26日(木)から始まる東京2020オリンピック聖火リレーの最初のセレモニーである聖火到着式を開催します。
オリンピックの大切なシンボルである聖火が航空自衛隊松島基地に到着後、宮城県石巻市、東松島市、女川町の子どもたちと聖火を迎えます。

到着式内容

  • 聖火特別輸送機が航空自衛隊松島基地に到着
  • 東京2020組織委員会代表者、野村忠宏氏および吉田沙保里氏が聖火を格納したランタンを持って降機し、子どもたちにエスコートされステージに登壇
  • ステージ上にて、聖火皿への点火が行われ、聖火が日本に灯されます
  • 東京2020組織委員会代表者などの挨拶

到着式内容

  • 聖火特別輸送機が航空自衛隊松島基地に到着
  • 東京2020組織委員会代表者、野村忠宏氏および吉田沙保里氏が聖火を格納したランタンを持って降機し、子どもたちにエスコートされステージに登壇
  • ステージ上にて、聖火皿への点火が行われ、聖火が日本に灯されます
  • 東京2020組織委員会代表者などの挨拶

東京2020オリンピック聖火特別輸送機"TOKYO 2020 号"

"TOKYO 2020 号"デザインコンセプト

古代オリンピアで採火された聖火をアテネから日本へと運ぶ東京2020オリンピック聖火特別輸送機のデザインは、東京2020オリンピック聖火リレーコンセプト「Hope Lights Our Way/希望の道を、つなごう。」を反映しています。
機体前方に描かれたオリンピック聖火ランナーピクトグラムから始まる聖火の炎は、黄土色の大地に乗って、垂直尾翼に記された東京2020オリンピック聖火リレーエンブレムへと繋がります。機体全体で、聖火リレーによる1本の希望の道を表しています。Hope Lights Airway.希望の道は地上だけでなく航空路にもあり、一人一人の聖火ランナー同様、この一機も一つの聖なる火をつなげていきます。

特別輸送機の名前は"TOKYO 2020 号"。"号"は"Go!"と同じ発音で、"TOKYO 2020 Go!"という二つの意味を持ち、聖なる火を大会へ届ける使命感と、大会への高まる期待を込めています。
2020年3月20日、"TOKYO 2020 号"が日本の大地に降り立ったのち、宮城、岩手、福島の3県での「復興の火」の展示を経て、いよいよ日本国内での東京2020オリンピック聖火リレーが始まります。