東京2020大会のフィールドキャスト・シティキャストのユニフォームを発表!

東京2020大会のフィールドキャスト・シティキャストのユニフォームを発表!

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、フィールドキャスト(大会スタッフ)およびシティキャスト(都市ボランティア)のユニフォームを発表しました。
東京2020大会のユニフォームは、フィールドキャストとシティキャストあわせて11万人以上の方が着用します。様々な年代、性別、国籍の方々が快適に活動できるよう、「暑さ対策・持続可能性・多様性」の3つの観点から開発しました。

発表会には「大会スタッフ・都市ボランティアのユニフォーム選考委員会」の委員である香取慎吾氏が駆けつけ、ボランティア経験者の方々ともに華々しい発表を盛り上げました。
2020年、街中や競技会場にあふれることになる「藍色」。フィールドキャスト・シティキャストのユニフォームが東京を彩る日を楽しみにしていてください!

フィールドキャストユニフォームについては、詳細ページをご覧ください。