モンド社とのソールサプライヤー契約について

logo_small

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、以下のとおり、モンド社と東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(東京2020大会)に競技備品を提供いただくソールサプライヤー契約を締結しましたので、お知らせします。

契約内容

ソールサプライヤー契約

契約の相手方

会社名:モンド社

本社:イタリア ピエモンテ州アルバ

提供内容

東京2020大会におけるオリンピックスタジアムおよびサブトラックで陸上競技に使用される競技備品(トラック舗装材を含む)等

ソールサプライヤーについて

ソールサプライヤーは、国際オリンピック委員会(IOC)のガイドラインに従い、国際競技連盟(IF)の承認のもと、東京2020組織委員会に対し、競技用備品を提供することにより、東京2020大会の成功をもたらす重要な役割を担っています。

モンド社について

モンド社は、競技に使用する床材や備品を製造している世界的な企業です。1948年の創業以来、これまで世界196ヶ国以上で販売を行っており、オリンピック競技大会では過去11大会にわたり、陸上競技における公式サプライヤーとなっています。今回のモンド社との締結は、国際陸上競技連盟(IAAF)の指定に基づき手続きを進めてきたものです。

今後のソールサプライヤー契約案件については、東京2020公式ウェブサイト内でお知らせします。