2019年度版「東京2020算数ドリル」配布式を開催

2019年度版「東京2020算数ドリル」配布式を開催

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、4月から東京都内全公立小学校に展開される2019年度版「東京2020算数ドリル」の活用開始にあたり、世田谷区立笹原小学校で配布式を開催しました。

当日は、柔道でロンドン2012大会金メダル、リオ2016大会銅メダルを獲得した松本薫さん、パラ水泳でリオ2016大会銅メダルを獲得した山田拓朗選手が、6年1組児童39名にドリルを配布しました。

松本さんからA巻(オリンピック版)、山田選手からB巻(パラリンピック版)を受け取った子どもたちは、「選手に会って、競技場などで見るより迫力があった。問題の内容がスポーツなので覚えやすいと思った。」と話していました。

今後は、東京都内の小学校を中心に実践学習会を展開していく予定です。

松本さんコメント

久々に算数のドリルを解いてみたら難しかったです。子どもたちはすらすら解いていたので、こうやって楽しみながら進んでいくと勉強もますます楽しくなって、いろんな幅が広がるんだろうなと思いました。私自身、子どもの時に宿題、なかでも算数ドリルが大嫌いだったので、子どもたちが少しでも楽しく勉強できたらなと思っています。娘が大きくなったら使ってほしいと思います。

山田選手コメント

パラリンピックは、2020年が来年に迫った今でもマイナーな競技が多いと感じています。東京2020算数ドリルの話を聞いた時、子どもたちに広く知ってもらう意味でもすごく有効なので、ぜひ協力したいと思いました。

子どもは、スポーツやオリンピック・パラリンピックを盛り上げていく意味でも重要な役割を担っています。そういった子どもたちに楽しみながら取り組んでもらえるのはいいことだと思います。

「東京2020算数ドリル」とは

「東京2020算数ドリル」は、子どもたちがスポーツの魅力を感じながら算数を学ぶことができるよう、東京2020大会の全55競技を取り入れた問題で構成されています。2019年度版ドリルは、A巻とB巻で構成され、A巻はオリンピック競技、B巻はパラリンピック競技に関連した問題が掲載されています。子どもたちが楽しく算数を学習しながら、競技についても自然に学べる内容となっています。

2018年度はモデルエリアとして渋谷区内の公立小学校全18校の小学6年生(約1000人)に展開しました。2019年度は東京都内の全公立小学校1273校の小学6年生(約10万人)に拡大展開したほか、現在までに東京都外の以下の自治体でも活用されることが決定しています。

<東京2020算数ドリル東京都外展開自治体>
山形県村山市の全公立小学校7校(小学6年生184人)
千葉県市川市の全公立小学校39校(小学6年生3765人)
静岡県の全公立小学校530校(小学6年生32352人)
鹿児島県指宿(いぶすき)市の全公立小学校12校(小学6年生361人)

「東京2020算数ドリル 2019年度版」の詳細については、以下をご確認ください。