成田国際空港株式会社および日本空港ビルデング株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について

editorial-image-fallback

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック組織委員会(東京2020組織委員会)は、下記のとおり、東京2020スポンサーシップ契約を締結しましたので、お知らせします。

契約内容
東京2020オフィシャルパートナー

契約先
会社名:成田国際空港株式会社
本社:千葉県成田市
代表者:代表取締役社長 夏目 誠(なつめ まこと)

契約先
会社名:日本空港ビルデング株式会社
本社:東京都大田区
代表者:代表取締役社長執行役員兼COO 横田 信秋(よこた のぶあき)

契約カテゴリー
空港サービス
※東京2020スポンサーシップは「一業種一社」を原則としていますが、本カテゴリーはIOCと協議の上、特例として2社が共存することとなりました。

夏目 誠 成田国際空港株式会社 代表取締役社長コメント
このたび、東京2020オフィシャルパートナーとなり大変光栄に存じます。東京2020大会時に日本の表玄関として、多くの選手・関係者・観客の皆様に安全・円滑・快適にご利用頂けるよう、成田空港では「安全・安定運用の徹底」、「選手・関係者の安全確保やスムーズな移動の実現」、「ユニバ-サルデザインの更なる充実」、「おもてなしの心でお迎え」の4つの基本方針に基づく取組みを進めております。これらの取組みや成田空港での機運醸成を通じて、東京2020大会の成功に貢献して参ります。

横田 信秋 日本空港ビルデング株式会社 代表取締役社長執行役員兼COOコメント
日本空港ビルデング株式会社は、1953年から60年以上に亘り、日本の空の玄関口である羽田空港旅客ターミナルの管理・運営を担うことで安全で円滑な旅客の動線を支えてきました。これまでの経験を最大限に活かし、東京2020オフィシャルパートナー(空港サービス)として、東京2020大会に貢献できることを大変光栄に存じます。すべてのお客さまの安全で円滑な出入国や移動を支え、さらなるユニバーサルデザインの充実により、「わかりやすく、やさしい空港」の実現を目指して参ります。

森 喜朗 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 会長コメント
このたび、成田空港(成田国際空港株式会社)と羽田空港(日本空港ビルデング株式会社)の空港二社をオフィシャルパートナーとしてお迎えできることになりました。東京2020大会の日本の表玄関である二つの空港を通じて、2020年に日本を訪れる世界中の人々の第一印象が素晴らしいものとなるよう、安心・安全、そして空港ならではのおもてなしが人々の記憶に残ることを期待しております。二つの空港が共存しながら日本ならではの良質なサービスをさらに高めていくことで、さらなる「オール・ジャパンの機運」が醸成していくことを大変うれしく思います。

東京2020スポンサーシッププログラムについて
オリンピックのスポンサーシッププログラムは4つの階層からなり、最上位のものがIOCのオリンピックパートナープログラムです。このプログラムにより東京2020をご支援いただいているワールドワイドオリンピックパートナーは、コカ・コーラ、アリババ、アトス、ブリヂストン、ダウ、GE、インテル、オメガ、パナソニック、P&G、サムスン、トヨタ、ビザの各社です。その他の3つの階層は国内向けのスポンサープログラムになり、国内最高水準の東京2020ゴールドパートナー、東京2020オフィシャルパートナー、東京2020オフィシャルサポーターからなります。東京2020が実施するマーケティングにおいて中核となる国内契約スポンサーは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を含む、2020年12月末までのオリンピック・パラリンピックの日本代表選手団に関するパートナーであり、呼称やマークの使用などをはじめとした権利を行使することが可能となります。東京2020は、本プログラムにご参加いただくスポンサー各社とともに、さまざまな施策を通じて、より豊かな日本と世界の未来に貢献していきます。

オフィシャルパートナーの主なスポンサー権利
呼称・マーク類・関連素材使用権/リコグニッションプログラム/関連事業協賛権/商品・サービスのサプライ機会/マーケティングサポート等