「Tokyo 2020 JAPAN HOUSE」オリンピック期間中の開設終了来場者12万人を超える

editorial-image-fallback

「Tokyo 2020 JAPAN HOUSE」は、2018年2月25日(日)にオリンピック期間中の開設を終了いたしました。

2018年2月9日(金)のオープン以降、大会関係者・メディア・観戦客など世界中から多くの方々に足を運んでいただき、17日間で来場者12万人を超え、館内は連日大盛況となりました。特に「THE TOKYO TRAVELLERSコーナー」「東京2020大会追加競技コーナー」「日本文化体験コーナー(ORIGINAL"ORIGAMI")」などの体験コンテンツには多くの方々が集まり、好評を得ました。

期間中、宮原知子選手(フィギュアスケート)、藤本那菜選手(アイスホッケー)、平田洸介選手(カーリング)など第23回オリンピック冬季競技大会(2018/平昌)に出場した日本代表選手や、鈴木大地スポーツ庁長官、元バドミントン日本代表の潮田玲子さんなどが来場しました。海外からもスケルトンで銅メダルを獲得したイギリス代表のドミニク・パーソンズ選手やローラ・ディーズ選手なども来場し館内を楽しんだほか、東京2020大会へのエールをくれました。

また、日本や韓国のみならずヨーロッパ、アメリカ、中国、メキシコなど世界各国の報道関係者も取材に訪れるなど大きな注目を集めました。

「Tokyo 2020 JAPAN HOUSE」は、パラリンピック期間中は3月9日(金)から3月18日(日)まで開設いたします。オリンピック期間に引き続き、開催都市東京および東京2020大会の魅力を発信いたします。

Tokyo 2020 JAPAN HOUSE