ストリートシーンを「東京2020ライブサイト in 2018」で再現!アーバンスポーツに魅了されよう!

editorial-image-fallback

平昌2018オリンピックもいよいよラストスパート。大会を盛り上げるべく、今週末も「東京2020ライブサイト in 2018」を開催中です!今回は、東京2020大会の競技会場が多数集まるエリア近くで行われた「東京都会場 都立シンボルプロムナード公園 イーストプロムナード・石と光の広場」で、東京2020大会の追加種目である自転車競技(BMX)、バスケットボール(3x3)、スケートボードについて体験してきました!

BMXに挑戦!世界レベルの選手が直接指導!

自転車競技(BMX)の競技体験エリアでは、高木聖雄選手、中村輪夢選手が自転車の操作方法を指導。高木選手は日本でこの競技の第一人者、中村輪夢選手は2017年世界選手権で7位というお二人に教えてもらえるなんて!今回使っている自転車には、ブレーキが1つしかなくバランスをとることがとても難しい、、、コースを1周するのが、精いっぱいでした。乗るだけでも難しいBMXの自転車。この自転車で繰り出されるジャンプや回転などの技は、きっと迫力満点!

選手と観客一体になって盛り上がれるBMX。大技には歓声を!

競技体験の後、お二人からお話をうかがうことができました。

「BMXの魅力の一つは技に終わりがないこと。数十年の歴史があるので、技の種類はある程度出揃っていますが、それでも、選手はよりハイレベルなものを求めていますし、組み合わせ次第で新しい見せ方ができます。「攻めた技をした人がすごい」という文化もあるので、時には「クレイジーなスポーツ」とも言われるのですが、順位や得点だけではなく、選手にとっては「技を魅せる」ことも重要な要素です。だから、観戦していただく方は、静かに見守るのではなく、選手が魅せる技への歓声をどんどん送ってもらって、一緒に大会を盛り上げ楽しんでいただきたいです。歓声が大きいほど、選手は気分が盛り上がりますし、いつも以上の力が出せます!」

3x3の魅力はスピーディーな試合展開!選手自身によるゲームメイキング

バスケットボール(3x3)のコートでは、選手たちがデモンストレーションを実施。
3x3は、ボールを持ってからシュートを打つまでの時間が12秒に限られているので、攻守の切り替えが早く、目まぐるしい試合展開に目が離せない競技です。
また試合中は、ベンチにコーチが入ることができず、選手だけでゲームメイキングをするのも3x3の特長。そのため、バスケットボールの経験・スキルだけではなく、選手自身のコミュニケーション能力や客観視する力など、バスケットボールに関連するあらゆる能力「バスケットボールIQ」が全体的に高いことが3x3選手に求められるそうです。アウトサイドからのシュート力やバスケットボールIQの高さを武器に、日本人選手が体格の大きい海外の選手と戦っていく姿は必見です!

2020年にはメダルを!東京2020大会を目指す選手の想いとは。

東京2020大会出場を目指している2017年度3x3U18日本代表の改田拓哉選手にお話しをうかがいました。
「3x3は、5対5よりも人数が少ないので、フィジカル・スピード面で個人の能力が重要になってきます。また、屋外でプレーするので、シュートが風に左右されたり、コートの地面によってボールの跳ね方が違ったりする難しさがあります。だから、試合の前には、十分に感覚をつかんで、調整して試合に臨んでいますね。
東京2020大会では、僕は20歳。若い時にオリンピックに挑戦できるのって、幸せだと思います。地元で開催される大会で、たくさんの人が注目してくれると思うので、まずは代表選手として選ばれて、メダルを狙いたいですね。」

スケートボード選手が繰り出す技に注目!印象的な演技で観客をとりこに。

こちらも東京2020大会の追加種目です!22日には体験会、23日には東京2020大会の出場を目指す池田大亮選手がアスリートトークトークショーに登場。池田大亮選手に競技の魅力をうかがいました。

「スケートボードの見どころは、それぞれの選手が繰り出す技。着地・回転などスリリングなものも多いので、ぜひそれらに注目してほしいです。僕は、試合中は演技を楽しむことを大事にしています。練習の成果を出し、皆さんの印象に残るすべりをして、観客を盛り上げたいという意識が強いです。
東京2020大会までは、あと2年半。海外の大会に出て経験を積み、東京2020大会ではメダルを獲りたいですね。」

「東京2020ライブサイト in 2018」は、2018年3月18日(日)まで各地で順次開催予定です。平昌2018大会を見てスポーツを始めたくなった方!ぜひライブサイトに来て、競技体験してみませんか?また、「東京2020ライブサイト in 2018」では、競技中継、アーティストライブなども行われます。来場をお待ちしています!

東京2020ライブサイト in 2018開催場所

  • 東京都会場 都立シンボルプロムナード公園イーストプロムナード・石と光の広場
    2018年2月22日(木)〜24日(土)10:00〜17:00
  • 岩手県会場 盛岡駅前 滝の広場
    2018年2月24日(土)10:00〜17:00
  • 熊本県会場(仮称)花畑(はなばた)広場
    2018年3月10日(土)10:00〜17:00
  • 東京都会場 都立日比谷公園・東京ミッドタウン日比谷
    2018年3月17日(土)・18日(日)10:00〜17:00

東京2020ライブサイト in 2018