柔道 中村美里選手、海老沼匡選手 メダリスト記者会見

editorial-image-fallback

リオデジャネイロ2016オリンピック競技大会で、柔道女子52kg級の中村美里選手、同じく柔道男子66kg級の海老沼匡選手が銅メダルを獲得しました。

一夜明けた8月8日朝(リオデジャネイロ現地時間)、Tokyo 2020 JAPAN HOUSEにて、両選手の記者会見が行われました。

両選手のコメントを紹介します。

中村 美里選手 コメント
多くの人々から頂いた応援メッセージを読んで、あらためてたくさんの人たちに支えてもらっていることを実感した。金メダルを獲って最高の笑顔をみんなに見せることができなかったのは残念だが、銅メダルを獲得してみんなに喜んでもらえてうれしい。

海老沼 匡選手 コメント
ロンドンの後、リオで金メダルを獲ることを信じて、家族やたくさんの人たちとともに歩んできた。僕よりも観ている人たちのほうが緊張していたのではないかと思う。ありがとうと伝えたい。コーチをしてくれている兄からは、前回のロンドンを含めて夢を見せてくれてありがとう、と言ってもらい救われた気持ちになった。今はラーメンが食べたい。あと、妻が作ってくれるユッケジャンスープも食べたい。