東京2020大会追加種目決定!

editorial-image-fallback

2016年8月3日(現地時間)にリオデジャネイロで開催された国際オリンピック委員会(IOC)総会において、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が提案していた追加種目(5競技18種目)の採択が正式に決定いたしました。

東京2020オリンピック競技大会の追加種目

競技 提案種目 種目数 選手数
野球/
ソフトボール
野球 (男子) 1 144
ソフトボール (女子) 1 90
空手 形 (男女) 2 20
組手3階級 (男女) 6 60
スケートボード ストリート (男女) 2 40
パーク (男女) 2 40
スポーツクライミング ボルダリング・リード・スピード複合 (男女) 2 40
サーフィン ショートボード (男女) 2 40
合計 5 競技 合計 18 474

森 喜朗 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長コメント

東京の提案した5競技18種目を決議いただき、大変喜ばしく思っております。このパッケージにご理解いただいたIOC委員の皆様、ご支援をいただいたIF・NF関係者の皆様に深く感謝申し上げます。
今回の機会はオリンピックアジェンダ2020にて私たち東京2020組織委員会に与えられた画期的な取り組みでありました。これを実施する大会としての責任を感じております。
東京2020大会は、この追加種目を通じて、国民の皆様に喜んでいただき、次世代を刺激し、そして未来のオリンピックのあるべき姿を示すモデルケースとなる大会を目指してまいります。「あの東京2020大会が現代のオリンピックの転換期だった」と後世に語り継がれるよう、この決定をしっかりと受け止め、関係団体、会場予定地とともに大会準備を進めて参ります。