「第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ) 日本代表選手団結団式・壮行会」開催レポート

editorial-image-fallback

日本オリンピック委員会主催イベント「第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ)日本代表選手団の結団式・壮行会」が7月3日(日)、国立代々木競技場で開催され、主将の吉田沙保里選手(レスリング)や旗手の右代啓祐選手(陸上競技)をはじめ、多くの選手が出席しました。公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会からは、森喜朗東京2020組織委員会会長が出席し、選手たちへ激励のメッセージをおくりました。

また、同日東京2020組織委員会では、写真撮影スポットや日本代表選手団に向けたエール作成用ブースを設置し、晴れ渡った空の下、親子や小中学生を含むたくさんの方にお越しいただきました。

写真撮影スポットには、キャラクターデザインパネルが設置され、たくさんの子どもたちがお父さんお母さんと共に好きなキャラクターを前に、笑顔で写真撮影を行いました。
エール作成用ブースでは、一人ひとりが色とりどりのペンにそれぞれの思いをこめながら、日本代表選手団に向けたエールを書いていただきました。ブースは常に大盛況で、およそ600枚のエールが集まりました。

皆さまから頂いたエールは全て、リオデジャネイロ2016大会期間中に現地に開設されるTokyo 2020 JAPAN HOUSEへ届けます!