東京2020オリンピック競技大会国内競技団体連絡協議会が発足!

editorial-image-fallback

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、4月19日(火)、各競技団体との連携強化に向けて、国内のオリンピック競技団体を集めた連絡会を初めて開催し、「東京2020オリンピック競技大会国内競技団体連絡協議会」を発足させることを決めました。

会合には、森会長、竹田恒和日本オリンピック委員会(JOC)会長、岡崎助一公益財団法人日本体育協会副会長のほか、東京2020オリンピック競技大会で実施される28競技を統括する29の国内競技団体幹部らが出席しました。

組織委員会は、今後、定期的な会合を開き、国内競技団体と密に連携しながら、東京2020大会の成功に向けて、準備を進めていく予定です。