第14回エンブレム委員会を開催

editorial-image-fallback

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、第14回エンブレム委員会を開催しました。
今回の委員会では、候補作品の商標手続き状況の確認と審議により、最終候補4作品について決定いたしました。これらの作品を公表し、皆様から作品へのご意見をいただきます。(※1)お寄せいただいたご意見を参考とさせていただき、最終的な採用作品の決定は4月25日を予定しています。
また、公開とともに指摘が想定される類似デザインに対するエンブレム委員会のスタンスと準備(※2)についても改めて確認されました。

※1 意見募集について
詳細は、最終候補作品に関する意見募集をご覧ください。

※2 類似デザインに対する考え方
* ・著作権は、商標権のように行政庁への登録を必要とすることなく権利が発生するため、類似しているものがあるかどうかをあらかじめ完全に調べる方法は存在しないこと。 * ・著作権とは著作物を無断で模倣、コピーされない権利であって、偶然類似している場合には著作権侵害とはならないこと。 * ・よって、仮に採用作品と偶然に類似したものが発見されたからといって、直ちに著作権侵害となるわけではないこと。 * ・応募者は、応募にあたり、第三者の著作権等を侵害していないことを宣誓してエントリーしていること。 * ・応募要項において、制作過程の情報やスケッチ・デッサン等を確認することがありうる旨を伝達しており、公表する全ての最終候補作品についてデザインの開発段階のスケッチやデッサンを入手していること。