第2回街づくり・持続可能性委員会を開催

editorial-image-fallback

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、10月20日(火)、第2回街づくり・持続可能性委員会を開催しました。本日は、各分野の専門家21名が参加し、議論が交わされました。

本日の委員会では、「持続可能性」「スポーツと会場エリア」「街づくり」という3つのディスカッショングループの進捗状況について、ディスカッションリーダー及び事務局からご報告いただきました。そして、各委員の皆さまからは、「街づくり・持続可能性分野におけるレガシーとして、オリンピック・パラリンピックを契機として目指す将来像や、そのための議論をより具体的に進めるためのコンセプト、テーマ分け」について議論いただき、積極的なご意見を複数いただきました。 今後は2016年1月14日に予定している、「アクション&レガシープラン中間報告」に向け、それぞれのディスカッショングループでより具体的な議論を行ってまいります。