ヤマトホールディングス株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について

editorial-image-fallback

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、下記のとおり、東京2020スポンサーシップ契約を締結いたしましたので、お知らせいたします。

契約内容
東京2020オフィシャルパートナー

*契約先
*

会社名:ヤマトホールディングス株式会社
本社:東京都中央区
代表者:代表取締役社長 山内 雅喜(やまうち まさき)

契約カテゴリー
荷物輸送サービス

山内 雅喜 ヤマトホールディングス株式会社 代表取締役社長コメント
このたび荷物輸送サービスパートナーとして、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に貢献できることを大変光栄に存じます。当社は、物流を「価値を生み出す手段」に進化させる「バリュー・ネットワーキング」構想を推進しており、大会の円滑な運営はもちろん、当社ならではの付加価値の高い物流で東京2020大会が掲げる史上最高の大会の実現を支援してまいります。また、ご高齢の方から子育て世代まで皆さまが、安心してイキイキと暮らせる都市の実現に向けたレガシーの創造や、訪日する皆さまへの手ぶらサービスを通じた経済効果の波及などを、世界に誇れる最高品質の物流でお手伝いし、大会の成功と豊かな社会の実現に最大限の貢献をしていく所存です。

森 喜朗 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 会長コメント
年間16億個を超える宅急便を運んでおられるヤマトホールディング株式会社に、オフィシャルパートナーとして大会の物流を支えていただくことは、大変ありがたいことです。

東京2020スポンサーシッププログラムについて
オリンピックのスポンサープログラムは4つの階層からなり、最上位のものがIOCのオリンピックパートナープログラムです。このプログラムにより東京2020をご支援いただいているワールドワイドオリンピックパートナーは、コカ・コーラ、アトス、ブリヂストン、ダウ、GE、マクドナルド、オメガ、パナソニック、P&G、サムスン、トヨタ、ビザの各社です。その他の3つの階層は国内向けのスポンサープログラムになり、国内最上位の東京2020ゴールドパートナー、東京2020オフィシャルパートナー、東京2020オフィシャルサポーターからなります。東京2020が実施するマーケティングにおいて中核となる国内契約スポンサーは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を含む、2020年12月末までのオリンピック・パラリンピックの日本代表選手団に関するパートナーであり、呼称やマークの使用などをはじめとした権利を行使することが可能となります。東京2020は、本プログラムにご参加いただくスポンサー各社とともに、様々な施策を通じて、より豊かな日本と世界の未来に貢献していきます。
*
オフィシャルパートナーの主なスポンサー権利
*
呼称・マーク類・関連素材使用権/リコグニッションプログラム/関連事業協賛権/商品・サービスのサプライ機会/マーケティングサポート等

スポンサーシップについては こちら