第2回 IOC調整委員会会議を開催

editorial-image-fallback

6月30日(火)及び7月1日(水)の2日間、第32回オリンピック競技大会(2020/東京)調整委員会会議(第2回IOC調整委員会会議)が行われました。 1日目の6月30日(火)には会場視察が行われ、森田健作千葉県知事が、幕張メッセでIOC調整委員会一行を迎えました。2日目の7月1日(水)には、日本側より、東京2020の取組みなど、テーマ毎にプレゼンテーションを行い、それぞれのテーマについて質疑応答が行われました。 2日間の日程を終え、IOCは、組織委員会が鍵となるマイルストーンをきちんと守り準備を進めていること、政府からの強力なサポート、また会場計画見直しや大会準備においてオリンピックアジェンダ2020を忠実に取り入れていることについて評価しました。また、招致段階からの国民の多大なるサポートが現在も継続し、東京2020のエンゲージメント活動が積極的に行われていることについても評価しました。

(コメント) ジョン・コーツ 第32回オリンピック競技大会(2020/東京)調整委員会委員長 組織委員会、東京都、政府、関係団体などによる大会準備が引き続き順調に進んでいることがわかり、大変嬉しく思います。準備は予定通りに進んでおり、特に会場計画見直し、スポンサー契約の締結、組織構造の強化といった分野において大きな進捗が見られました。また準備にあたりオリンピックアジェンダ2020を忠実に取り入れていただいており、東京が素晴らしいレガシーを残す持続可能な大会を実施し、大会後すぐにその恩恵を得られると改めて確信致しました。東京がオリンピックアジェンダ2020の恩恵を最大限に享受できるよう、引き続き緊密に連携して参りたいと思います。

森喜朗 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長 ジョン・コーツ委員長をはじめ、調整委員会委員の皆様と、密度の濃い時間を過ごすことが出来ました。委員の皆様からは、現在の準備状況に高い評価をいただきました。来年のリオ大会が終われば、世界の注目は一気に東京に集まることになります。来年再び委員の皆様をお迎えする際には、東京がリオから確実にバトンを受け取り、次の4年間しっかり走り続けることができることを実感いただけるように、これまで以上に準備を着実に進めなければならないと決意をあらたにしました。引き続き、IOC、IPCの皆様と共に、大会を大成功させるよう組織委員会一同尽力いたします。