JAL Fly to 2020 特別塗装機 お披露目会を開催

editorial-image-fallback

6月26日(金)、東京2020オフィシャルパートナーの日本航空株式会社(JAL)が、東京2020大会に向けた応援の第1弾として「JAL FLY to 2020 特別塗装機」を羽田空港の格納庫でお披露目しました。特別塗装機は、「FLY to 2020」のメッセージをもとにジャニーズグループ「嵐」の大野 智氏がデザインした"未来への希望"を描いています。東京2020大会が夢や希望を与えて社会に活力をもたらし、世界に誇れる史上最高の大会になることを願いデザインされました。6月27日(土)から東京と大阪、沖縄を結ぶ路線を飛び始めます。お披露目会には、ゲストとして嵐の全メンバーのほか、JALの植木義晴代表取締役社長、東京2020大会組織委員会の森喜朗会長、JOCの竹田恒和会長、JPCの鳥原光憲会長が出席しました。