株式会社みずほフィナンシャルグループ及び株式会社三井住友フィナンシャルグループとの東京2020スポンサーシップ契約について

editorial-image-fallback

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、下記のとおり東京2020スポンサーシップ契約を締結いたしましたので、お知らせいたします。

契約内容

東京2020ゴールドパートナー

契約先

会社名:株式会社みずほフィナンシャルグループ
本社:東京都千代田区
代表者:取締役 執行役社長 グループCEO 佐藤 康博(さとう やすひろ)

会社名:株式会社三井住友フィナンシャルグループ
本社:東京都千代田区
代表者:取締役社長 宮田 孝一(みやた こういち)

契約カテゴリー

銀行
※東京2020スポンサーシップは「一業種一社」を原則としていますが、本カテゴリーはIOCと協議の上、特例として2社共存となりました。

佐藤 康博 株式会社みずほフィナンシャルグループ 取締役 執行役社長 グループCEOコメント

この度、ゴールドパートナーとして、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に貢献できることを大変光栄に思います。〈みずほ〉は、1964年東京オリンピックでの運営支援やオリンピック旗保管などに携わりました。〈みずほ〉は、東京2020においても、オリンピック関連ビジネスへの金融面でのサポートをはじめ、全国各都市にある拠点が地域社会に貢献することで、いかなる時代にあっても変わることのない価値を創造し、経済・社会に豊かな実りを提供してまいります。

宮田 孝一 株式会社三井住友フィナンシャルグループ 取締役社長コメント

この度、東京2020ゴールドパートナーとして、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会および日本代表選手団の活躍を支援・応援できることを大変光栄に思います。「史上最もイノベーティブで、世界にポジティブな改革をもたらす」という目標を持つ東京2020は、当社グループの10年ビジョン「最高の信頼を通じて、日本をリードし、お客さまと共に成長する銀行グループ」を具現化するために、そして私たちとお客さまが高めあい成長しあうために、大きな意味と強い力を持つと捉えています。日本の新しいアクション推進と次代へのレガシー創造のために、当社グループは、東京2020、スポーツ、アスリート、社会や人材への積極的なサポートを行い、みなさまと共に、"次の日本"を力強く切り拓き、日本、そしてみなさまの成長に貢献してまいります。

森 喜朗 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 会長コメント

株式会社三井住友フィナンシャルグループ及び株式会社みずほフィナンシャルグループが、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会をゴールドパートナーとしてご支援いただくことになり、大変うれしく思います。日本を代表するメガバンクである両社が共にスポンサーとして手を挙げていただきましたことで、私たちが招致段階から掲げています「オールジャパン」というメッセージが最高の形で実現したことになります。日本全国にいらっしゃる社員の皆様の笑顔とともに、東京2020大会の機運が広がっていくことを期待しております。

東京2020スポンサーシッププログラムについて

東京2020をご支援いただいているワールドワイドオリンピックパートナーは、コカ・コーラ、アトス、ブリヂストン、ダウ、GE、マクドナルド、オメガ、パナソニック、P&G、サムスン、トヨタ、ビザの各社です。さらに東京2020が実施するマーケティングにおいて中核となるものが国内契約スポンサーです。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を含む、6年間に及ぶオリンピック・パラリンピックの日本代表選手団に関するパートナー契約であり、呼称やマークなどをはじめとした権利を使用することが可能となります。オリンピックのスポンサープログラムには4つの階層があります。最上位のものとしてIOCのオリンピックパートナープログラムがあり、その他3つは国内向けのスポンサープログラムになります。国内向けのスポンサープログラムは、国内最上位の東京2020ゴールドパートナー、東京2020オフィシャルパートナー、東京2020オフィシャルサポーターと、3つの階層に分かれています。東京2020は、本プログラムにご参加いただくスポンサー各社とともに、様々な施策を通じて、より豊かな日本と世界の未来に貢献していきます。

ゴールドパートナーの主なスポンサー権利

呼称・マーク類・関連素材使用権/リコグニッションプログラム/関連事業協賛権/商品・サービスのサプライ機会/マーケティングサポート等

スポンサーシップについては こちら