日本生命保険相互会社との東京2020スポンサーシップ契約について

editorial-image-fallback

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、下記のとおり東京2020スポンサーシップ契約を締結いたしましたので、お知らせいたします。

契約内容

東京2020ゴールドパートナー

契約先

会社名:日本生命保険相互会社
本社:大阪市中央区
代表者:代表取締役社長 筒井 義信(つつい よしのぶ)

契約カテゴリー

生命保険

筒井 義信 日本生命保険相互会社代表取締役社長コメント

当社はこれまでも日本オリンピック委員会のゴールドパートナーとして2010年バンクーバー、2012年ロンドン、2014年ソチと、3つの大会において、日本代表選手団や大会を目指すアスリートを支援してまいりました。今回のパートナー契約の締結を機に、日本代表選手団をはじめとするアスリートへの支援はもとより、スポーツ振興や次世代を担う青少年の育成等についても、一層注力してまいります。迎える東京2020が日本の明るい未来を創る象徴的な大会となることを願い、全国約7万名の役職員でオリンピック・パラリンピックムーブメントの推進に努めてまいります。
当社は今後も生命保険事業を通じ、お客様に安心をお届けする使命を全うし、安心できる未来をお客様と一緒に創ってまいります。

森 喜朗 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長コメント

2009年よりJOCのゴールドパートナーになっていただいている日本生命保険相互会社が、東京2020のゴールドパートナーとして継続支援くださいますことは、大変心強いことでございます。

東京2020スポンサーシッププログラムについて

東京2020をご支援いただいているワールドワイドオリンピックパートナーは、コカ・コーラ、アトス、ブリヂストン、ダウ、GE、マクドナルド、オメガ、パナソニック、P&G、サムスン、トヨタ、ビザの各社です。さらに東京2020が実施するマーケティングにおいて中核となるものが国内契約スポンサーです。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を含む、6年間に及ぶオリンピック・パラリンピックの日本代表選手団に関するパートナー契約であり、呼称やマークなどをはじめとした権利を使用することが可能となります。本プログラムは、国内最上位の東京2020ゴールドパートナーから、東京2020オフィシャルパートナー、東京2020オフィシャルサポーターと、3つの階層に分かれています。東京2020は、本プログラムにご参加いただくスポンサー各社とともに、様々な施策を通じて、より豊かな日本と世界の未来に貢献していきます。

ゴールドパートナーの主なスポンサー権利

呼称・マーク類・関連素材使用権/リコグニッションプログラム/関連事業協賛権/商品・サービスのサプライ機会/マーケティングサポート等

スポンサーシップについては こちら