アサヒビール株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について

150127_S005_8575

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、下記のとおり東京2020スポンサーシップ契約を締結いたしましたので、お知らせいたします。

契約内容

東京2020ゴールドパートナー

契約先

会社名 :アサヒビール株式会社
本社 :東京都墨田区
代表者 :代表取締役社長 小路 明善

契約カテゴリー

ビール&ワイン

小路明善 アサヒビール株式会社代表取締役社長コメント

この度、東京2020ゴールドパートナー(ビール&ワイン)として、東京2020オリンピック・パラリンピック、そして日本代表選手団の活躍を応援できることを大変光栄に思っています。アサヒビールは2009年以来、JOCゴールドパートナーとして日本中に元気と勇気を与える活動をサポートしてきました。今後、東京2020ゴールドパートナー(ビール&ワイン)の活動を通じて、日本代表選手のみならず参加国全選手の限界を超える挑戦を応援し、未来を担う子供たちに夢や希望を持つことの素晴らしさを伝えることができたら幸いです。

森喜朗 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長コメント

今日、こうして東京2020ゴールドパートナーとして、アサヒビール様との契約締結を発表できたこと、大変喜ばしい気持です。アサヒビール様は「その感動を、わかちあう。」という素晴らしいスローガンをお使いになっていますが、オリンピック・パラリンピックは、選手のひたむきな姿を応援し、まさに感動をわかちあう場であります。大会時には日本中で歓喜の乾杯の声があがり、感動をわかちあえるように、共にがんばっていきたいと思います。

東京2020スポンサーシッププログラムについて

東京2020が実施するマーケティングにおいて中核となるもので、契約スポンサーは東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を含む、6年間に及ぶオリンピック・パラリンピックの日本代表選手団に関するパートナー契約であり、呼称やマークなどをはじめとした権利を使用することが可能となります。プログラムは、最上位の東京2020ゴールドパートナーから、東京2020オフィシャルパートナー、東京2020オフィシャルサポーターと、3つの階層に分かれています。また、ワールドワイドオリンピックパートナーとして、コカ・コーラ、アトス、ブリヂストン、ダウ、GE、マクドナルド、オメガ、パナソニック、P&G、サムスン、ビザの各社にもご支援を頂いております。東京2020は、本プログラムにご参加いただくスポンサー各社とともに、様々な施策を通じて、より豊かな日本と世界の未来に貢献していきます。

ゴールドパートナーの主なスポンサー権利

呼称・マーク類・関連素材使用権/リコグニッションプログラム/関連事業協賛権/商品・サービスのサプライ機会/マーケティングサポート等

スポンサーシップについては こちら